HOME > スタッフの施工事例ブログ

Site Map | 個人情報の取扱い

今年の梅雨時は雨が降る日が多いので、外での工事はなかなか終わりません。西宮市でお庭造りをしています フォーシーズンズの 中田です。

先日、新築の外構工事が完成しました。お客様、ハウスメーカーさんでプランを出してもらっていましたが、当店をネットで検索して来店していただきました。

今回の新築は1Fがレンタルスタジオ、2Fは店舗 、3階が住居となっており、普段お客様が来店されるということもあり、家にも石材が使われいることからナチュラルなデザインをご提案したところ採用していただきました。

隣地さんの境界塀があったので、それを化粧するために、私がよく使うディーズガーデンさんのアルファウッドパネルと呼ばれるボーダーフェンスを使い、お化粧+プライバシー確保ということでH=2.2mのパーテンションを建てました。高さがあるのですが、アイボリーホワイトということもあり、あまり圧迫感がありません。

このパネルは少し同じようなパネルと比べると少しだけお値段はしますが、木目があり安っぽく見えないのと汚れが付きにくいので私はよく採用します。

床材は今回はセメントブリックを使い石畳み風にしあげました。

また、玄関のアプローチも同系色で石畳にしました。

やっぱり天然石の色むらがナチュラルな感じを引き立ててくれます。石のそばにある地覆草のクリーピングタイムも天然石のエッジを覆ってきているので優しく見せてくれます。

門柱は一見白の門柱ですが、側面にインターフォン、POST、宅配ボックスがついています。初めての方は戸惑うかもしれません。でもシンプルかつデザインされた機能門柱なのでゴテゴテとしたところがありません。足元はノムラマンネングサを使って一年中青々と茂るようにしています。

家の石張りの壁の裏側には左右から玄関の方へ入れるので、門柱のあるほうが玄関ということを引きたるということで、鋳物のパーテーションを今回設置しました。

この商品、先ほどのボーダーフェンスのメーカーである、ディーズガーデンさんのディーズデコ キャストパネルと呼ばれる商品を採用。さすが元は鋳物の門扉やパネルを造っているメーカーですからクオリティーはすごく高級感がでています。お値段以上の価値はきっとあると思います。

新築外構は決して安い買い物ではありません。しかし、家を引き立てるための素材のバランスを生かしながらデザインするのも私たちの仕事。そこに緑が植わり、優しさをさらに引き出してくれます。

梅雨も長々となって雨が多いせいか、ソヨゴの株立ちも元気に育ち、足元のダイコンドラのシルバーリーフがなんとも言えないコントラストで優しいお庭にしてくれています。今回はお客様も植物が好きな方だったので、緑の演出は少しのお手伝いでしたが、植物も色々ご相談ある方はお気軽にお問合せくださいませ。当店7/26まで夏のセールを行っていますので新築、リフォームガーデン、エクステリアのご相談も重ねてお問合せくださいませ。

 

 

西宮市の 昼間は雪が 降っていましたね。西宮市 でエクステリア 外構 を造っています フォーシーズンズの中田です。先日 神戸市西区で 新築外構が完成のでご紹介させていただきます。

このお庭は 宅地造成から行っていましたので2年近くのお庭造りとなりました。

フォーシーズンズはお庭造りだけでなく造成工事なども行っています。

当然私も図面を書くだけでなく、現場管理も行います。けっこう毎日バタバタですが。

フォーシーズンズでは新築の家が建ってからお庭造りもそうですが、最初からお打合せをして工事をする場合も結構あります。

お庭造りに必要な擁壁も作成し外構の下地を造っていきます。

階段も最初は段もないため一つ一つ造っていきます。

造る工程は手数がかかりますが、仕上がっていくとお客様には準備工程などは

あまり目に映らないため実感がわかないと思います。

このお宅は 階段の蹴上の高さを緩めに設定し、ステップ幅も広めにとって贅沢感を出しました。

なによりも、サイズを300×600として石調タイルを使用して高級感を出しています。

フェンスは流行りの木目調目隠しと予算の関係で化粧ブロックを使用しています。

これだけでも少しはリッチには見えるかと思います。

門柱の両袖部分はタイルを貼りました。塗装と違って塗り替えは無用。素朴なタイプのボーダータイルを貼りました。

タイルもグラデーションになっているのでちょっとぼかしたものを使っています。ポストも宅配BOXをつけて利便性をとっています。

扉には流行りのタッチキー。これは便利ですね。

擁壁も本当はタイルを貼りたかったのですが、RCがよいということで花壇を造り 植栽を植えました。

駐車場廻りは玄関廻りを今回主張させているので シンプルにモノトーンでラインのみ追加しています。

色合いも結構まとまって玄関前のステップが高級感を出しているかと思います。

使うところには予算をかけ、予算をかけずにシンプルに仕上げた外構でした。

工事中は 箕面市 ~ 宝塚市 ~ 西宮市 ~ 芦屋市 ~ 神戸市 とエクステリア工事の管理で毎日ぐるぐる回っていたので大変でしたが、良い庭を造りたいというリクエストがあれば 何処でも伺いますのでお気軽にご連絡くださいませ。

 

 

 

2019年も残りわずかとなりました。

久々の投稿になります、フォーシーズンズの坂本です。

当店も本日で年内の営業は終了となります。

今年もたくさんのお客様と出会い、

たくさんのお庭に携わることが出来ました。

毎年、この時期には一年間でお世話になったお客様へ

ご挨拶回りに伺います。

少しの時間ですが、お引き渡し後のお庭の様子を伺うことが出来て、

また、久々に拝見するお客様のお元気そうなお顔を見ることが出来て、

とても暖かな気持ちになります。

2020年もたくさんのお客様にお庭を通して出会えますように・・・。

皆様、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ!

 

10月に入っても暑い日がつづきますね。

フォーシーズンズ夙川店中田です。

お店は西宮市にはあるのですが、私自身淡路島の出身の為家族も島にいるので

淡路島の物件が入ったときは私が対応しています。といっても島は淡路市、洲本市、南あわじ市と3市しか

ありませんので充分一人で対応できます。

今回はhpからのお問合せからのご契約でした。土地柄敷地が広い為、ほとんど外構はオープンかセミクローズド程度。車生活がほとんどなので一家に2台は最低車が多い為必然と来客がある場合は敷地に置けるようにしたいため、この案件も7台は最低置ける敷地です。やっぱり、西宮市や芦屋市付近とは土地の大きさが違う・・・。

工事は昨月に終わりましたが真夏日が続いていたので職人さんも作業ダウン。

今回門柱はディーズガーデンさんのディーズポルタというユニット門柱を使いました。

以前も使ったのですが、なかなかつくりがよいので再度ご提案。採用させていただきました。

屋根とあわせ門柱もチャコールに、壁面も外壁と合わせて石積イメージに。

自転車も置けるようにテラスを設けました。玄関横なので少し良い物ということで

lxiilさんのフィリアテラスという商品に。中々私の中では中庭も使えて万能なテラスです。

今回の新築外構はお店からは遠いですが、私からは近い現場でした。

淡路島で、新築・お庭など考えられている方、別荘などのメンテナンスをお考えになっている方はお気軽にお問合せください。

 

6月に入り 関西は梅雨が来たような天気になってきましたね。

フォーシーズンズ夙川店中田です。ブログも久々で申し訳ございません。前のつづきから。

新築外構の門廻りを行っていましてちょうどLIXILさんの+Gを取り付けを行っています。

その後壁面を造作し透かしブリックを使って塀を造っていきます。

いぶし銀のブリックを井桁に積んでいきます。当然鉄棒を入れて補強。

自身のときでも安心です。

壁面の大判タイルも貼り終わり、正面のボーダータイルを貼っていきます。

時間が無かったので、扉を夜に取り付け同時に屋根の照明チェック。

中々門廻りも途中ですが、ゴージャスになりました。やっぱり照明は良いですね。

大型門扉も特注なのですが、シルバーの色が光にあたるとなんともいえないですね。

そしていきなり完成。

写真はあまりお見せすることが出来ませんが、全体像はこんな感じに仕上がりました。

今回はモダンな門廻りでしたが、当店では お客様のご要望でさまざまなデザインをいたしますのでお気軽にお問合せ下さいませ。

芦屋市のO様邸の新築外構工事が素敵に出来上がりました。

お住まいの外観に合わせた、お住まいを引き立たせるような、

エクステリアになったと思うのですが、いかがでしょう・・・?

ん~素敵っ!

門柱に使われているレンガは、とってもラフな形のレンガ。

そこに化粧目地と呼ばれる材料を、あえてラフに使って雰囲気を出しています。

灯りもアンティークな雰囲気のものをチョイス。

こちらのスポットライトは表札を照らす門灯代わりです。

この植栽のまわりの石材。

実は排水枡のフタがたくさんあるんです。

排水枡・・・ご自宅の庭のどこかに必ずある、白いフタです。

あれってデザイン的にはすっごく邪魔っ。

てことで、砂利や石で隠しちゃいました。

↓ここにも、大きな枡はゴロゴロと・・・。。

あえて大きな石材を転がすことで、デザイン的には立体感が出て、

植栽スペースが小さくなるお陰で管理は楽に。

目立たせたくない白い枡も隠せて、一石二鳥・・・いや三鳥?

お客様にはもちろん、建物を建てたハウスメーカーさんにも喜んで頂けました♪

家の顔となる外構部分、本当に大切ですね。

以上、フォーシーズンズの坂本でした!

 

夙川は昨日から桜が満開です。気温も20度を越え春が来たことを体感する一日でしたね。

フォーシーズンズ夙川店中田です。

夏ごろ人口芝のお話をした個人邸ですが、表面の仕上げのお話をします。いつもお世話になっています人からのご紹介で今回外構をすることになりました。

まず、車庫には間口が7mもあることもあり文化シャッターの御前様と呼ばれるシャッターを採用しました。本当は大きなパネルのものを取り付けたかったのですが、設計上の問題で通常タイプのものを選びました。

RC壁で造られたところにはタイルサイズで400×800サイズのものを張ることになっていたので、墨出しと呼ばれる作業をしてから足場を設置。

大きなタイルを一面に貼っていきます。最近のタイルはプリント技術が進んで10年前とは表情がより天然石に近いものととなっています。

時間はかかりますが、タイルも細かく一つ一つ切っていきます。

玄関側には+Gと呼ばれる屋根材を設置

アルミ材なので組立を行っていきます。

玄関廻りは顔なので、設計上はいつも悩みますが、今回はモダンな感じなのでスッキリと仕上げていくようにしています。つづきはまた。

 

ご新築を計画されて早い段階でご来店いただいたお客様。

お住まいの雰囲気に合わせた柔らかいイメージで、

曲線を生かしたプランをご提案させて頂きました。

クローズ外構には欠かせないオーバードアのような無機質な素材も、

木目調のものを使用することで、全体の統一感を出す事ができます。

左側の門袖に取り付けてあるのは、今の外構の必須アイテム、宅配ポスト。

このように壁の中に埋め込むものから、独立して建てるものまで、

機能性やデザインも兼ねたものがたくさん増えてきました。

門扉の中にはシンボルツリー。それを取り囲むように敷かれたレンガは、

アプローチのラインを型取り、家の中への導線を造っています。

家を建てる時、とっても大事な外構やエクステリア。

でも、内装のお打ち合わせでいっぱいいっぱいになってしまい、

外構部分はツイ後回しになってしまうお客様がたくさんおられます。

建物のデザイン性を引き立てるのも、殺してしまうのも、外構やエクステリア。

そして、駐車場やアプローチ、目隠し等の機能性を考える事で、

新しい生活が快適になるか、不便になるかを決めるのも、外構やエクステリア。

是非、ご新築の際は、早い段階で私たちプロにご相談いただければと思います!

以上、フォーシーズンズの坂本でしたっ。

今日はクリスマスイブ。

みなさま、どんな夜をお過ごしですか?

きっと私の更新は今年最後になりそうですので、

少し早いですが年末のご挨拶です。

今年は関西圏で色々な災害の多い一年でした。

フォーシーズンズでも、

植木が倒れた、屋根が飛んだ、フェンスが倒れた・・・

リピーターのお客様以外にも、たくさんのご連絡を頂き、

出来る限りのことはさせて頂きましたが、

今年中に修理が出来なかったお客様もいらっしゃいます。

そんな中、暖かいお言葉をお客様から頂戴し、

大変ながらも、とても嬉しい一年でした。

新年も、少しでもたくさんのお客様のお役に立てるよう、

頑張ってまいります。

そして何より、素敵なお庭造りのお手伝いが出来るよう、

頑張りたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

お客様のお宅で見つけた、

ヴィンテージレンガの隙間から咲いたビオラちゃん♪

可愛いでしょ?

こんな状況でも花を咲かせてるお花に負けないように、私たちも頑張りますっ。

そして!新年は1月5日より、新春イベントを開催いたしますっ!

詳しくは後日、HPにてご案内させて頂きますので、

チェックしてみてくださいね。※どなた様でもご来店いただけます。

では、新年もどうぞよろしくお願い致します!

フォーシーズンズの坂本でしたっ。

10月も終わりに近づきました。本日は街中に行くとハロウィンのイベントがしていましたね。

フォーシーズンズの中田です。

樹脂デッキと人工芝を行ったお客様のお庭が完成しました。

今回は人口土壌としてガレージの上に人口芝張らせていただきました。

最近は天然芝に変わり人工芝のお客様もずいぶんと増えてきましたね。

天然芝と違って手入れが楽なこと、耐久性も昔と比べるとずいぶん高くなりました。

当店も天然芝・人工芝とお客様の要望に合わせて施工を行っています。

天然芝を貼る前にまずはLIXILさんの樹ら楽デッキを張っていきます。少し暖かい日和でしたので樹脂デッキやアルミの柱材が熱をもって暑い中、職人さんたちはテキパキと作業を進めていっています。

 

狭い隙間も少しずつ造っていっています。工業製品もデッキとなれば天然木も加工するもの同じです。

今回は家と車庫が2m近くの開きがあり、3m近くの高さもありましたので、打ち合わせに2週間ほどかかって工法を決定しました。

今回は少し高度な?つけ方で職人さんに対応してもらっています。お客様のお庭もさまざま、状況に合わせて設置をしていきます。

ウッドデッキを張り終わると、次は人工芝です。ガレージの上には2層の防水シートを敷き、今回はその上に人工芝を貼っていきます。

今回はボンドでシートが融解しても困るので両面テープで接着していきます。最近の業務用両面テープは非常に強力ですね。

人工芝は一ロールずつ敷き詰めていきます。簡単そうには思える作業ですが、人工芝の一反一反まっすぐにカッティングされていないため、端部を調整しながら張っていきます。

仕上がりの様子です。人工芝が綺麗に敷き詰められました。小さなお子さんがいますので、気持ちよく遊べる環境になりました。人工芝、ウッドデッキと工業製品が増えていますが、ノーメンテという点では非常によい商品だと思いますので、お考えになられている方はお気軽にご相談くださいませ。

 

ブログ内検索