HOME > スタッフの施工事例ブログ

Site Map | 個人情報の取扱い

暑い猛暑日も九月半ばになるとずいぶん涼しくなりましたね。私も昨日から長袖に変えて仕事をしています。

西宮市でお庭造りをしています ガーデン&エクステリア フォーシーズンズ中田です。さて、この度芦屋市でスロープ工事が完成しました。3年前に工事をさせていただいたお客様ですが、お子様の成長とともに自転車が大きくなり出し入れが大変ということで思い切ってスロープを作成しました。

前回は人の侵入を防ぐためにコンクリート枕木を立てたのですが、今度は自転車の出し入れの為に入口としました。

今回はレンガの小舗石を使ってラフに仕上げました。お子様の成長で自転車も大きくなったり増えたりするので置く場所等も変化していきます。

そんな中で少し手を加えることで利便性が良くなります。ちょっとお庭で不便と感じたらフォーシーズンズにお問合せくださいませ。

9月に入り猛暑の35度から数度下がっただけで身体が楽ですね。西宮市で ガーデン & エクステリア 専門店 フォーシーズンズ の中田です。

先日 、昨年夏に 淡路島 の南部にある南あわじ市で外構工事を 受注いただいたお客様の1年点検に行って参りました。

このお客様、お庭は田舎故に広いのですが手付かずでしたのでご相談を受け工事を依頼されました。田舎というとクローズドな門構えのお家も多いですが、最近の傾向としてはOPENなところも増えつつあります。

ここでは敷地も大きいため、舗装面が多いのが特徴です。

駐車場 の カーポートは LIXIL さんのアーキフィールドと呼ばれる3台置きのものを使用しています。3台用なので柱・フレームもしっかりしています。

中庭のテラス屋根はLIXILさんの +Gと呼ばれるものを独立テラスで付けています。

夏場は、家族で外の団欒が多いみたいです。植栽、照明、自動潅水等を点検させていただきまして 問題なかったです。

フォーシーズンズは工事保証も付いており保証書も発行いたしますので安心していただければと思います。また、メンテナンスも請けたまっていますのでご気軽にご連絡いただければと思います。

 

葉月も今日で終わろうとしていますが、気温もまだまだ残暑が続く毎日ですね。

西宮市は今日も35度を超えていました。フォーシーズンズ夙川店 中田です。

今回は春先に工事が終わりましたお客様の外構の紹介です。ハウスメーカーさんからのプランもでていましたが、当店に依頼していただきました。

今回はセミクローズドで駐車場のみOPENとしました。

塗装壁も多い中、将来の塗り替えのことも考慮して、壁はタイル張りを選択。ホワイト基調でしたので木目のフェンスと扉を選び目線高にアクセントをつけました。駐車場の床は焼きムラのあるタイルを使ってナチュラルに演出しました。

素朴なタイルですが、このグラデーションがなんとも言えないタイルの良さかもしれません。

見えるところはタイルを貼り、駐車場側面は化粧ブロックと予算配分を使うところと節約するところを区別しました。ブロック塀の真ん中に映っているスクリーンは室外機の外気を抜く孔です。これがないと室外機の熱で基盤が壊れてしまいます。こういった配慮も外構設計には欠かせない要素の一つです。

春に植えた植栽も真夏になり元気に若葉を付けています。緑は無いよりはあった方が外観がよく見えるので少しでも入れるようにご提案をいたします。

新築外構は 主役はお家 外構は家がより一層引き立つように演出するためのわき役に過ぎません。

しかし、何度も作ることもできないので、こだわりのある外構をお考えの方は当店にお問合せくださいませ。

 

暑いですねっ。夏は好きな季節ですが、好きに反して体力は奪われます。

皆さまも体調管理、くれぐれもお気を付けくださいね。

さて、こちらの外構は生け垣だった境界部分に壁を作って、

レンガや塗装で可愛く仕上げました。

お洗濯物を干せるようにと作ったテラスにも日除けを取り付けて。

こちらの屋根、ジーマという木目調のテラスとなります。

お庭部分なので、見た目もオシャレなものを、というご提案です。

中野お庭部分には立水栓がフォーカルポイントになるように。

こちらの水栓はニッコーエクステリアというメーカーさんの既製品になります。

これ、コンクリートで作られてるんですよっ。

パッと見ただけじゃ分かりませんよね。

小さなお庭でも全体のバランスを考えてトータルコーディネート。

暑い季節でも、しっかりご提案させていただきます!

以上、フォーシーズンズの坂本でした。

 

今日の日差しはきつかったですね。毎日着替えを3回ほどしています、西宮市でガーデン&エクステリアの専門店 フォーシーズンズの中田です。

今回はLIXILさんの4月に新商品で発売されましたガーデンルームGFという商品の工事が完成しました。この商品4月に発売されて施工するのは私は2回目でしたので結構気を使いました。私が取付するわけでなないのですが、もう慣れましたので商品のことはご相談ください。

この商品、LIXILさんブランドでガーデンルームを含む”エクシオール”というブランドで展開しているのですが、以前のモデルが十数年売れていたのですがこの度フルモデルチェンジという形で現在の仕様になって発売されました。

商品は一言でいうとカジュアル的でスニーカー的なグレードだと思います。 一番いいグレードに暖蘭物語というものがありますが、それは外観自体トラッドな印象で革靴的なイメージ。そんな商品です。

折戸も引戸も腰壁もできるので組み合わせは様々。お客様のライフスタイルに合わせて仕様を決定していきます。今回は横側は引戸 反対側は腰壁で上部が引戸にしました。

正面は折戸を使い開放的に仕上げています。今回はお子様の遊び場&くつろぐスペースに。

コロナで在宅勤務で個室を求められている方も部屋になりますので良いかと思います。

床面は流行りのウッドタイルにしました。張るとフローリングの質感でどっしりとしたイメージになります。

炎天下の締め切りはまさにサウナ状態ですが、内部日よけがあるため窓が開けた状態ならそんなに熱くはありません。むしろ夕方とかは蚊が出てるので、網戸をすれば快適にくつろげます。ガーデンルームはプチ増築みたいなものですが、部屋が増えることでライフスタイルも変わりますので検討されているかたはお気軽にお問合せください。9月からリクシルさんの素敵なキャンペーンも始まりますのでよろしくお願いします。

#ガーデンルームのある暮らし

今年の梅雨時は雨が降る日が多いので、外での工事はなかなか終わりません。西宮市でお庭造りをしています フォーシーズンズの 中田です。

先日、新築の外構工事が完成しました。お客様、ハウスメーカーさんでプランを出してもらっていましたが、当店をネットで検索して来店していただきました。

今回の新築は1Fがレンタルスタジオ、2Fは店舗 、3階が住居となっており、普段お客様が来店されるということもあり、家にも石材が使われいることからナチュラルなデザインをご提案したところ採用していただきました。

隣地さんの境界塀があったので、それを化粧するために、私がよく使うディーズガーデンさんのアルファウッドパネルと呼ばれるボーダーフェンスを使い、お化粧+プライバシー確保ということでH=2.2mのパーテンションを建てました。高さがあるのですが、アイボリーホワイトということもあり、あまり圧迫感がありません。

このパネルは少し同じようなパネルと比べると少しだけお値段はしますが、木目があり安っぽく見えないのと汚れが付きにくいので私はよく採用します。

床材は今回はセメントブリックを使い石畳み風にしあげました。

また、玄関のアプローチも同系色で石畳にしました。

やっぱり天然石の色むらがナチュラルな感じを引き立ててくれます。石のそばにある地覆草のクリーピングタイムも天然石のエッジを覆ってきているので優しく見せてくれます。

門柱は一見白の門柱ですが、側面にインターフォン、POST、宅配ボックスがついています。初めての方は戸惑うかもしれません。でもシンプルかつデザインされた機能門柱なのでゴテゴテとしたところがありません。足元はノムラマンネングサを使って一年中青々と茂るようにしています。

家の石張りの壁の裏側には左右から玄関の方へ入れるので、門柱のあるほうが玄関ということを引きたるということで、鋳物のパーテーションを今回設置しました。

この商品、先ほどのボーダーフェンスのメーカーである、ディーズガーデンさんのディーズデコ キャストパネルと呼ばれる商品を採用。さすが元は鋳物の門扉やパネルを造っているメーカーですからクオリティーはすごく高級感がでています。お値段以上の価値はきっとあると思います。

新築外構は決して安い買い物ではありません。しかし、家を引き立てるための素材のバランスを生かしながらデザインするのも私たちの仕事。そこに緑が植わり、優しさをさらに引き出してくれます。

梅雨も長々となって雨が多いせいか、ソヨゴの株立ちも元気に育ち、足元のダイコンドラのシルバーリーフがなんとも言えないコントラストで優しいお庭にしてくれています。今回はお客様も植物が好きな方だったので、緑の演出は少しのお手伝いでしたが、植物も色々ご相談ある方はお気軽にお問合せくださいませ。当店7/26まで夏のセールを行っていますので新築、リフォームガーデン、エクステリアのご相談も重ねてお問合せくださいませ。

 

 

昨年末、お庭に芝生を張らせていただいたお客様。

元は雑草がたくさん生えているお庭だったので、手入れできるかなぁ…と。

こちらは昨年末、芝生を張ったばかりの状態。

高麗芝という一般的な日本芝を張らせていただきました。

日本芝は冬場は休眠期に入っているので、茶色くなっていますね。

こちらは春頃の写真。ずいぶん緑が多くなっていますね!

所々めくれているのは、鳥?からす?がやってきて芝生をめくって、

土の中の虫を食べに来るんですって。

まだ根付いていないので、鳥も剥がしやすくてイタチごっこだ、と。。

木の小さな杭がブスブスと刺さっていました(笑)

そして先日お伺いした時の状態がこちらっ!

思わず、わぁっ!と声をあげてしまいましたっ。

無事に根付いて鳥の被害もなくなり、芝生の緑がキラキラしています。

部分的に枯れている所もありますが、

周りの根っこが広がっていってくれるんじゃないかなぁ。

様子を見ることにしました。

梅雨が明けると雑草のお手入れも大変だとは思いますが、

きちんとした水やりをして、草引きして、定期的に刈り込んで。

お客様のように大らかな気持ちでお世話が出来れば、

芝生もきっと伸び伸びと育っていってくれるんだろうなぁ…

なんて思いました!

以上、フォーシーズンズの坂本でした。

6月も半ば、梅雨の真っ只中毎日が雨が降ったり止んだりしていますね。

西宮市で エクステリア & ガーデニングの専門店をしております フォーシーズンズ夙川店 中田です。4月~5月下旬まで緊急事態宣言の中、皆さま方はご自宅に引きこもりその時間で今まで見えていなかったお家のことお庭のことを行っていたと思います。

当店でも、来店こそ予約制としておこなっていましたが、お電話でのお問合せ、メールでのお問合せ、ご相談が数多く寄せられました。今回は植物のお話でなくエクステアのお話をします。

まず、多かったのは 駐車場のコンクリート土間の部分と砂利もしくは芝生となっており舗装に変更したいお客様。

上の写真はコンクリートブリックを使って舗装をしています。工事後はメンテナンスフリーとなるのと

砂利や芝生など比べて掃除や管理が非常に楽になるのが特徴です。

素材を天然石やレンガなどに変えてデザインするのもよいかと思います。

また多いのは先日ブログに取り上げたウッドデッキのやり替えと天然芝から人口芝への張替えもこの時期多いです。

ウッドデッキは15年~の変更あたりが多いです。その際に 樹脂デッキもしくはタイルテラスやサンルームなどに変更されるお客様もいます。

当店 設置はサンルームが多いですが、コストと実用性の両立でLIXILさんのココマという2面囲いのテラス屋根が比較的多く設置されています。

 

外からみても腰壁が上の写真は石張りなので金物!!って感じにはなっていません。

内側からみると部屋のようになるのが人気です。上の写真は強化ガラスのクリアですが、すりガラスとなると目隠しとしてプライベート空間ができますので人気の要因の一つです。

このようにすりガラスにしてしまうと、パネルの正面にお隣さんの勝手口があるのですが目線は全くなくなります。

掃き出しの窓の前にテラスがあり目隠し、日よけとして外の部屋ができます。

もっと開放的なのは樹脂デッキに後付けでテラス屋根を設置したのですが、屋根の下にある日よけで掃き出し窓がしっかりと日除けされています。

樹脂デッキも暑くなるため、外部用のロールスクリーンもだんだんとお問合せが増えています。

昨年もよく取付させていただきました。

緊急事態宣言 解除後はお問合せ来店等も増えていますので日よけ等を考えられてるお客様はそろそろ考えてみてはいかがでしょうか?

 

水無月に入り 昨日も少し湿度が高い一日でしたね。世間は緊急事態宣言解除になりましたが改めて自分の生活の仕方を変えていかないといけなくなりました。

西宮市で エクステリア・ガーデニング  専門店をしています フォーシーズンズの中田です。

先日、8年前に新築外構の工事を依頼されたお客様が天然芝から人口芝にしたいということで4月初旬にお電話があり訪問しました。このお客様 ご夫婦で大の植栽好きで 何時伺っても きれいな状態でお庭を保たれています。樹木も南半球のものをきれいに手入れしながら育てています。

今回お話を聞くと、旦那様が 出張が多くまた芝生に雑草が紛れているので手入れがするのが大変だということ、またご近所さんの敷いてある人口芝をみて興味を持ちご依頼を請けました。

このお客様の新築外構については 私自身少し思い入れがあります。

私が20代の頃からお付き合いしている親方から職人Tさんが独立した最初の依頼のした工事でした。

素材もヴィンテージレンガを中心に ナチュラルで少し現代的なデザインをしたため、手数が多かったと思いますが、職人Tさんはもくもくと造ってくれました。

土留め壁を造ってその前に不揃いの乱形のヴィンテージレンガを積んでいきました。

上の写真はちょうど出来上がったものですが、手間は結構かかります。パズルみたいに積んでいくので少しセンスも要ります。

玄関前も乱形の石張りでしたが丁寧に仕上げてくれました。

できた当初の写真ですがまだ植栽が小さいのであまり目立たないです。

でも職人Tさんにとってもここがうちとのスタートラインでした。

数年たつとこのような外観にかわりました。とっても私はこの植物との調和が好きです。

お客様も手入れを怠らないので非常に植物の形がきれいです。

正面も花盛りとなっています。

そして、新築外構の工事が完了したときはまだこの状態でした。これが8年の歳月を経て下のような感じに。

人口芝

しかしながら、ガーデニングが好きなお客様なので私の目から見てもそんなに荒れている様子もなくきれいにしているのですが、今回は将来のこともあり張り替える方向になりました。

張り替え終了の写真です。人口芝は青々としています。

全体の風景も鮮やかにかわりました。

庭に植わっている樹木にもマッチしています。

今回 人口芝に変更したことで芝刈り・水やりなどの手間が省け年中みどりの状態がつづきます。

お客様も張り替えを行って非常に満足しています。お引渡しがスタートライン。

またこれからお庭を育てていってください。

人口芝にはいろんなメーカー、グレードによる価格差もあります。プロ用はホームセンターに売っているもの、ネットで売っているものとは少し仕様が異なります。

人口芝をお考えの方はお気軽にお問合せくださいませ。

コロナの影響で、みなさん外出を控えていましてお庭いじりなど普段できなかったことをできたのではないでしょうか?緊急事態宣言も関西も解除され今から少しずつ活気が戻ってきますね。

西宮市でお庭造りをしています フォーシーズンズ夙川店 中田です。

先日、私の故郷 淡路島でウッドデッキの改修工事を行いました。といっても普段毎月のように淡路島に来て工事をしていますので お店からはそんなに遠くないのです。

阪神間の方ですが17年前に家を購入し、週末にゆっくり過ごすためのテラスです。いわゆる別荘ですが、ずっと使っているわけではなく ウッドデッキも朽ちてしまっています。

ウッドデッキ場合、当時流行ったレッドシダーとよばれる木材が大半で、ここ数か月はウッドデッキの改修が連続してありました。

今回はお客様は今度は痛まないようにということで樹脂デッキを希望されましたが、海岸線に近いことで樹脂が熱せられ膨張するので今回はタイルテラスとしてリガーデンすることになりました。

まずはきれいに解体してタイルの土台を作ってタイルを貼っていきます。

いきなり仕上がりですが、タイルにすることで非常に空間が明るくなりました。

タイルは当店で一番人気のものを使っています。スタッフのおすすめです。

今回は地震のこと、家の換気口のことも考えて家の壁とタイルテラスの間に空間をつくり

グレーチングを挿入しました。

こうすることで家の壁も地震時には壊れることなく、また換気を損なわないので家本体にもいいです。

あと、掃き出しの窓からはウォークスルーになりますのでウッドデッキのように自然に室内から外で

出れることが最大のメリットだと思います。

ウッドデッキのやり替えを検討されているかたはタイルテラスも有かと思います。

上の写真は同時期に17年前当店で工事をしていただいた西宮市のお客様の木製のウッドデッキから樹脂デッキに遣り替えをしたものです。人口木も悪くはありません。当店も人口木も多いのですが

テラスについては腐りにくい木材や上の樹脂デッキ、今回施工したタイルデッキなどありますので少しご検討されている方 お気軽にご相談くださいませ。

ブログ内検索