HOME > スタッフの施工事例ブログ

Site Map | 個人情報の取扱い

10月も中旬 すっかり涼しくなり、六甲山も少しずつ秋の訪れがきていますね。

西宮市で ガーデン & エクステリア の 設計・工事をしています フォーシーズンズ中田です。

先月 門廻りのリガーデン工事が完成しました。元々は 十数年前新築時に外構を造られたそうですが、年月が経つにつれ古さが増して気になったということで門廻りのリフォームを行いました。

元の写真を見てもらってもわかるとおり、ずいぶんと印象が変わったと思います。足元も明るくタイルを貼りました。当店では一番人気というかお勧めのタイルです。

門柱もホワイトのボーダータイルを貼ったことで汚れにくくなっています。マテリアルな感じが強かった門扉も木目ですることで凛々しくなりました。

門廻りも個々の商品の色使いでも印象がかなり変わってきます。バランスが大事なのですが、ポストや表札、照明が自己主張してもけばけばしくなるだけです。門廻りが気になる方はリガーデンが得意な当店にお気軽にお問合くださいませ。

西宮市の 昼間は雪が 降っていましたね。西宮市 でエクステリア 外構 を造っています フォーシーズンズの中田です。先日 神戸市西区で 新築外構が完成のでご紹介させていただきます。

このお庭は 宅地造成から行っていましたので2年近くのお庭造りとなりました。

フォーシーズンズはお庭造りだけでなく造成工事なども行っています。

当然私も図面を書くだけでなく、現場管理も行います。けっこう毎日バタバタですが。

フォーシーズンズでは新築の家が建ってからお庭造りもそうですが、最初からお打合せをして工事をする場合も結構あります。

お庭造りに必要な擁壁も作成し外構の下地を造っていきます。

階段も最初は段もないため一つ一つ造っていきます。

造る工程は手数がかかりますが、仕上がっていくとお客様には準備工程などは

あまり目に映らないため実感がわかないと思います。

このお宅は 階段の蹴上の高さを緩めに設定し、ステップ幅も広めにとって贅沢感を出しました。

なによりも、サイズを300×600として石調タイルを使用して高級感を出しています。

フェンスは流行りの木目調目隠しと予算の関係で化粧ブロックを使用しています。

これだけでも少しはリッチには見えるかと思います。

門柱の両袖部分はタイルを貼りました。塗装と違って塗り替えは無用。素朴なタイプのボーダータイルを貼りました。

タイルもグラデーションになっているのでちょっとぼかしたものを使っています。ポストも宅配BOXをつけて利便性をとっています。

扉には流行りのタッチキー。これは便利ですね。

擁壁も本当はタイルを貼りたかったのですが、RCがよいということで花壇を造り 植栽を植えました。

駐車場廻りは玄関廻りを今回主張させているので シンプルにモノトーンでラインのみ追加しています。

色合いも結構まとまって玄関前のステップが高級感を出しているかと思います。

使うところには予算をかけ、予算をかけずにシンプルに仕上げた外構でした。

工事中は 箕面市 ~ 宝塚市 ~ 西宮市 ~ 芦屋市 ~ 神戸市 とエクステリア工事の管理で毎日ぐるぐる回っていたので大変でしたが、良い庭を造りたいというリクエストがあれば 何処でも伺いますのでお気軽にご連絡くださいませ。

 

 

 

2019年も残りわずかとなりました。

久々の投稿になります、フォーシーズンズの坂本です。

当店も本日で年内の営業は終了となります。

今年もたくさんのお客様と出会い、

たくさんのお庭に携わることが出来ました。

毎年、この時期には一年間でお世話になったお客様へ

ご挨拶回りに伺います。

少しの時間ですが、お引き渡し後のお庭の様子を伺うことが出来て、

また、久々に拝見するお客様のお元気そうなお顔を見ることが出来て、

とても暖かな気持ちになります。

2020年もたくさんのお客様にお庭を通して出会えますように・・・。

皆様、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ!

 

11月に入り気温の温暖さがすごくありますね。着る服にも色々と悩まされる毎日です。フォーシーズンズ夙川店 中田です。先日神戸市灘区のY様邸のブロック塀の改修工事が終わりました。

このブロック塀

元々旦那様は実家に住んでおらず、こちらに帰郷した際にブロック塀の亀裂などが気になりお問合せをいただきました。

今回はこういった亀裂の入ったブロック塀を改修するということで助成を使うことにしました。

ブロック塀の助成金って何?と思いますが、 平成30年(2018年)6月18日に発生した大阪北部地震により、大阪府内において、ブロック塀の倒壊による被害が生じました。高槻市の小学校のプールサイドに設置したブロック塀が倒壊したのが記憶に新しいですね。

あの事故によって角自治体は補助制度を行うことになりました。各自治体によっては補助額等はバラバラですが、写真のような塀になどは助成対象となりますので、一度 お住まいになられている「○○市 塀 助成 」で検索すると補助内容が出てくるかと思います。神戸市、芦屋市、西宮市、宝塚市、川西市、池田市、豊中市、箕面市、高槻市、吹田市等はあります。解体においての補助なので、塀を新らしくする補助ではありませんのでご注意ください。分からなければ当店にお問合せしていただければと思います。

昔に造った塀なので中の鉄筋が膨らんでぼろぼろになっています。

撤去終了後 解体写真を撮って自治体に提出します。

元々ブロックの基礎部にあった延べ石は残してほしいということで、延べ石の後ろを掘り、そこに地中深く鉄管を打ち込みそれと鉄筋を連結して基礎を設置。下の石もアンカーで連結し地震が来ても動かないようにしました。

手間と費用はかかりますが、安心を得るということで重要なことではないでしょうか?今回はブロック塀ばかりではなく、上部をアルミフェンスにすることで上の重量も軽くなり地震に対しても揺れ幅が減るので有効だと思います。

ブロック塀でお悩みの方、一度ご相談にきてみてはいかかでしょうか?

彼岸花がいろんなところで開花して秋の訪れをつげていますね。

フォーシーズンズ夙川店中田です。

今回はスロープ工事を行いました。

もともとは階段があり、90歳の老母も在宅でいたので、スロープ化をご提案しました。

元々貸し駐車場もやっていたことで、現階段を取り壊し、一番端っこの駐車スペースから

スロープをとることにしました。

昔からの家があるということで樹木もいっぱい植わっており、地面を掘ると石垣など発生。

結構大変な工事でした。

勾配等は何度もCAD図を引きなおして、車椅子で進んでもあまり苦にならない程度の勾配に設定。

あまり坂らしくないようにしました。

門廻りも車椅子、自転車が入れるようにスロープに。

元々あった階段も撤去して階段の前も貸し駐車場にしました。

高齢化が進むなかでのスロープ工事。フォーシーズンズはお庭造りももちろん得意ですが、

こういった実用的なリフォームガーデンもしばしば行っています。

色目が無いですが、住みやすさ、使いやすさ重視のお庭づくり。

こういったお悩みがある方はお気軽にご相談くださいませ。

 

芦屋市のO様邸の新築外構工事が素敵に出来上がりました。

お住まいの外観に合わせた、お住まいを引き立たせるような、

エクステリアになったと思うのですが、いかがでしょう・・・?

ん~素敵っ!

門柱に使われているレンガは、とってもラフな形のレンガ。

そこに化粧目地と呼ばれる材料を、あえてラフに使って雰囲気を出しています。

灯りもアンティークな雰囲気のものをチョイス。

こちらのスポットライトは表札を照らす門灯代わりです。

この植栽のまわりの石材。

実は排水枡のフタがたくさんあるんです。

排水枡・・・ご自宅の庭のどこかに必ずある、白いフタです。

あれってデザイン的にはすっごく邪魔っ。

てことで、砂利や石で隠しちゃいました。

↓ここにも、大きな枡はゴロゴロと・・・。。

あえて大きな石材を転がすことで、デザイン的には立体感が出て、

植栽スペースが小さくなるお陰で管理は楽に。

目立たせたくない白い枡も隠せて、一石二鳥・・・いや三鳥?

お客様にはもちろん、建物を建てたハウスメーカーさんにも喜んで頂けました♪

家の顔となる外構部分、本当に大切ですね。

以上、フォーシーズンズの坂本でした!

 

夙川は昨日から桜が満開です。気温も20度を越え春が来たことを体感する一日でしたね。

フォーシーズンズ夙川店中田です。

夏ごろ人口芝のお話をした個人邸ですが、表面の仕上げのお話をします。いつもお世話になっています人からのご紹介で今回外構をすることになりました。

まず、車庫には間口が7mもあることもあり文化シャッターの御前様と呼ばれるシャッターを採用しました。本当は大きなパネルのものを取り付けたかったのですが、設計上の問題で通常タイプのものを選びました。

RC壁で造られたところにはタイルサイズで400×800サイズのものを張ることになっていたので、墨出しと呼ばれる作業をしてから足場を設置。

大きなタイルを一面に貼っていきます。最近のタイルはプリント技術が進んで10年前とは表情がより天然石に近いものととなっています。

時間はかかりますが、タイルも細かく一つ一つ切っていきます。

玄関側には+Gと呼ばれる屋根材を設置

アルミ材なので組立を行っていきます。

玄関廻りは顔なので、設計上はいつも悩みますが、今回はモダンな感じなのでスッキリと仕上げていくようにしています。つづきはまた。

 

ご新築を計画されて早い段階でご来店いただいたお客様。

お住まいの雰囲気に合わせた柔らかいイメージで、

曲線を生かしたプランをご提案させて頂きました。

クローズ外構には欠かせないオーバードアのような無機質な素材も、

木目調のものを使用することで、全体の統一感を出す事ができます。

左側の門袖に取り付けてあるのは、今の外構の必須アイテム、宅配ポスト。

このように壁の中に埋め込むものから、独立して建てるものまで、

機能性やデザインも兼ねたものがたくさん増えてきました。

門扉の中にはシンボルツリー。それを取り囲むように敷かれたレンガは、

アプローチのラインを型取り、家の中への導線を造っています。

家を建てる時、とっても大事な外構やエクステリア。

でも、内装のお打ち合わせでいっぱいいっぱいになってしまい、

外構部分はツイ後回しになってしまうお客様がたくさんおられます。

建物のデザイン性を引き立てるのも、殺してしまうのも、外構やエクステリア。

そして、駐車場やアプローチ、目隠し等の機能性を考える事で、

新しい生活が快適になるか、不便になるかを決めるのも、外構やエクステリア。

是非、ご新築の際は、早い段階で私たちプロにご相談いただければと思います!

以上、フォーシーズンズの坂本でしたっ。

今日はクリスマスイブ。

みなさま、どんな夜をお過ごしですか?

きっと私の更新は今年最後になりそうですので、

少し早いですが年末のご挨拶です。

今年は関西圏で色々な災害の多い一年でした。

フォーシーズンズでも、

植木が倒れた、屋根が飛んだ、フェンスが倒れた・・・

リピーターのお客様以外にも、たくさんのご連絡を頂き、

出来る限りのことはさせて頂きましたが、

今年中に修理が出来なかったお客様もいらっしゃいます。

そんな中、暖かいお言葉をお客様から頂戴し、

大変ながらも、とても嬉しい一年でした。

新年も、少しでもたくさんのお客様のお役に立てるよう、

頑張ってまいります。

そして何より、素敵なお庭造りのお手伝いが出来るよう、

頑張りたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

お客様のお宅で見つけた、

ヴィンテージレンガの隙間から咲いたビオラちゃん♪

可愛いでしょ?

こんな状況でも花を咲かせてるお花に負けないように、私たちも頑張りますっ。

そして!新年は1月5日より、新春イベントを開催いたしますっ!

詳しくは後日、HPにてご案内させて頂きますので、

チェックしてみてくださいね。※どなた様でもご来店いただけます。

では、新年もどうぞよろしくお願い致します!

フォーシーズンズの坂本でしたっ。

10月なのに暑いですねぇ・・・朝晩との寒暖差が大きい時期です。

体調管理にお気をつけくださいね。

さて、本日は中古住宅をご購入された西宮市T様邸での

外構工事のご紹介です。

以前はメッシュフェンスに化粧ブロック。

残念ながら、あまり美しいとは言えない外構でした。

石積みを撤去すると大事になってしまいますので、

周囲に馴染むデザインを心がけて・・・

いかがでしょうか?既存の石積みと上手くマッチしていますよね??

新しいけどどこか風合いのある素材感を大事に、石張りタイルをチョイス。

塗り壁の色も「白」ではありますが、少し落ち着いたトーンにしています。

穴を開けた部分の鋳物フェンスはクラシカルな印象のものを。

この表札の上についている葉っぱ、何か分かりますか?

これ、ディーズガーデンというメーカーさんの「リーフ」という商品。

これ門灯なんです♪

可愛いでしょ?門柱のアクセントに是非っ。

古いお宅をご購入されて、でも外構はそのまま、というお宅をたまに目にします。

使い方や雰囲気も、新しい家人の方に合わせてリフォームすると、

もっと素敵に毎日が過ごせるような気がします♪

以上、フォーシーズンズの坂本でしたっ。

 

ブログ内検索