HOME > スタッフの施工事例ブログ > 新年おめでとうございます!神戸市北区Y様邸のお庭が完成!

Site Map | 個人情報の取扱い

新年あけましておめでとうございます。

兵庫県 西宮市から配信しています

フォーシーズンズ夙川店の中田です。

今年もいろんなお庭を造っていきますのでよろしくお願いします。

昨年12月に完成しました 神戸市北区 Y様邸のお客様のお庭です。

昨年はいろんなお庭を造りましたが、冬にあったらいいなぁと思うガーデンルームを取り付けが終了しました。

当初 お客様 LIXILショップということで 玄関の鍵とキッチンの蛇口交換ということで当店にご依頼があったのですが お庭を触りたくなりご相談がありました。

工事をする前は芝生のお庭があり、タイルテラスもあり縁側がありその前には洗濯物を干していました。

当初は洗濯干しということでご提案をいたしましたが、話が進んでガーデンルーム ココマとなりました。お客様も行動される方でしたので、大阪のショールームなどを見てきて実際やりたいことが明確になられていたので商品説明っていうほどしなくてもご理解されていました。

ご提案したのは LIXILさんのガーデンルーム ココマとそのテラスの連棟となるものです。

建物のベランダの軒があるため高さ制限があるので自然と掃き出し窓から一段下がったところにサンルームのフロアを設定し テラスの床は新しくタイルを張るのですが、既存で玄関のポーチから続く高さが決まっているので高さをそろえるのにミリ単位の設定で下地を作成。

言うのは簡単ですが、結構シビアなので、やはりいつも下地を造ってもらう左官Tさん、タイル職人のAさん、アルミ職人のHさんにお願いしました。ガーデンルームの腰壁はいつも高さや収まり方などシビアな指示が多いため普段から慣れている職人さんたちにお願いしました。造ってしまえばお客様は仕上がりのみをみるので簡単だと思うのですが、このY様邸の現地の条件は非常にシビアなものでした。

仕上げは、家の部屋内のタイルはレンガ調の白のタイルはお客様チョイス モザイクのラインを引いて遊び心を出しています。床のハッチは雨水桝があったのでそのための点検口を設置。壁には部屋として使えるようにコンセントを設置しています。

ルーフに日よけと物干し ライトをつけて部屋となりました。ライトはお客様チョイス。センスの良さがひかります。

樹木も手入れを減らしたいということでぬいてしまったので舗装面にブリックを敷き詰めました。

壁際に小さな花壇を設置。そこはお客様の植栽エリアで花いじりを楽しんでいただきます。

円形の花壇は当初新築時にお庭に使われていたビンテージレンガを再利用して設置。そこには樹木を植える予定です。

ガーデンルームの腰壁の前には既製品の立水栓を設置。道からよく見えるようになりました。

ポイントになっています。

外壁にもタイルを貼り、既存の家の外壁と色のトーンを合わすことで一体感がでています。もともと積んでいるビンテージレンガとの色合いもあっているかと思います。私の中ではお庭は色のチョイスが重要だと思います。家にあった素材を選び色をコーディネートすることがそのお客様の最高のお庭を提供できると思います。

現在、寒い日にはサンルームで暖められた空気がリビングやダイニングを温かくしてくれるでしょう。

サンルームまたはとなりのテラスをなどをお考えのかたはお気軽にご相談くださいませ。

フォーシーズンズでは1/4~1/13まで新春相談会を実施しています。

ブログ内検索