HOME > スタッフの施工事例ブログ > カンナキュートがあるお庭(その3)

Site Map | 個人情報の取扱い

みなさまいかがお過ごしでしょうか?
箕面店の島村です。
昨日から3月がスタートしました。

待ちに待ったガーデニングシーズン到来といった感じでしょうか!
それにあわせて先週からご来店やお問合せの件数もぐぐっと増えてきました。
ありがとうございます。
さて、先々週から引っ張ってきました、カンナキュートがあるお庭。
いよいよカンナキュートの登場です!!
その前に・・・
iphone 013.jpg
ウッドデッキの取り付けから。
こちら天然木のレッドシダーです。
最近はハードウッドや人工木に押されぎみで、
なかなか出番が少なくなっていますが、
僕は絶対レッドシダーをオススメします!!
特に小さなお子様がいらっしゃるご家庭にはおすすめです。
やっぱり木の温もりや、肌触り、座り心地、夏は暑くなりにくく、冬は冷たくなりにくい。
むしろ、天気のイイ冬なんか、レッドシダーのウッドデッキが熱を含んでくれるので、
ポッカポッカ!気持ちいいですよ~!
天然の木は腐るのが心配とおっしゃる方がいますが、
iphone 016.jpg
例えば・・・
テラス屋根の下にすっぽり入れてしまえば雨にあたりにくくなるので、
腐る心配もかなり軽減されます。
それでも年に1回程度はお子様と一緒に楽しみながら、
防腐、防虫材を塗ってください。
メンテナンスという愛情を注いで、物を大切につかう。
子供の教育上でもすごく良いことだと思います。
ナチュラル志向の方や興味のある方は是非来店下さい。
島村が熱くウッドデッキを語ります。
あ~また話が長くなりましたね。
失礼しました。
お待たせしました。
iphone 1683.jpg
組み立て中ですが、
カンナキュートの登場です!
玄関から見るとこんな感じに見えるわけで、
毎日玄関開けるのが楽しくなりそうですね!!
iphone 1687.jpg
ウッドデッキから見るとこんな感じ。
左の白いフェンスは、
ディーズガーデンさんのアルファウッドフェンスです。
ハンギングバスケットなんかを引っ掛けるともっと良くなるでしょうね!
このアルファウッドフェンスとカンナキュート、
実は、縦に長いお庭を分断するような位置にレイアウトしてあります。
ひとつには目隠しの役目をしてもらうためで、
丸見えだった道路からの視線、電柱などを見えにくくします。
それからお庭をパーテーションで区切るイメージですが、
前の庭(お花やハーブの庭)と奥の庭(お野菜などを育てる畑の庭)を
ゾーンを分けてはっきり区別することで使いやすくして、
全体を見れなくすることで、逆に奥行き感や、
奥の庭への期待感、ワクワク感みたいなものを感じてもらえたらなーと思っています。
iphone 010.jpg
扉もついて、オプションの照明もつきました。
門柱にもディーズガーデンさんの照明、表札、ポスト、インターフォンカバーが
取り付けてあります。
夜の雰囲気も素敵でしょうね!
また季節の良い時に写真撮りにお伺いします。

ブログ内検索