HOME > アーカイブ

Site Map | 個人情報の取扱い

今回は夏の日差し対策のご案内です。

スタイルシェード

夏になると、窓から日差しが差し込んで、とにかく暑い。
すだれやよしずは傷む心配があるし、見た目もちょっと…。
そんなお悩みも、”外付日よけ”ですっきり解決。

太陽の熱を窓の外側でカットして、室内の温度を心地よくキープ。冷房費をグッと軽減でき、室内熱中症対策にも効果的です。

※1 一般複層ガラスの窓にスタイルシェードを使用した場合の性能です。関連JISなどに基づき計測および算出した値であり、保証値ではありません。

使うときも、使わないときも、スマート!

窓の上のボックスからサッと引き下げるだけで、しっかり日差しをカット。使わないときはすっきり収納できます。
よしずやすだれと違って、設置したり外したりする手間もありません。

夙川は昨日から桜が満開です。気温も20度を越え春が来たことを体感する一日でしたね。

フォーシーズンズ夙川店中田です。

夏ごろ人口芝のお話をした個人邸ですが、表面の仕上げのお話をします。いつもお世話になっています人からのご紹介で今回外構をすることになりました。

まず、車庫には間口が7mもあることもあり文化シャッターの御前様と呼ばれるシャッターを採用しました。本当は大きなパネルのものを取り付けたかったのですが、設計上の問題で通常タイプのものを選びました。

RC壁で造られたところにはタイルサイズで400×800サイズのものを張ることになっていたので、墨出しと呼ばれる作業をしてから足場を設置。

大きなタイルを一面に貼っていきます。最近のタイルはプリント技術が進んで10年前とは表情がより天然石に近いものととなっています。

時間はかかりますが、タイルも細かく一つ一つ切っていきます。

玄関側には+Gと呼ばれる屋根材を設置

アルミ材なので組立を行っていきます。

玄関廻りは顔なので、設計上はいつも悩みますが、今回はモダンな感じなのでスッキリと仕上げていくようにしています。つづきはまた。

 

寒い日が続きますね。昔痛めたところが痛むフォーシーズンズ夙川店中田です。

今日は、屋上リフォームのお話。新築時に取り付けた手すりがゆがんでしまいそのままにしていた為、そろそろ直そうかということでご依頼がありました。

現地に行ってみると、手すりがゆがんでしまい、交換ということにしました。

よくみると、床面の防水もかなり痛んでいた為、この際防水工事と同時にオススメしご契約になりました。手すり工事のみになると、将来防水工事を行った場合、分解・撤去・再設置という費用も出てくる為この方が費用的にも抑えることができます。

まず、フェンスを解体し屋上から下ろしていきます。

三階建ての屋上ゆえに袋に入れて人力での荷卸し。充分周囲に注意を払ってからの荷卸しとなります。

解体後今度は、既存の防水面を平らにしていく作業です。ここをしっかりしないと表面がボコボコになってしまいます。

表面を樹脂ペーストのセメントでひび割れを補修します。これで表面からの浸透は減ります。

次にウレタンマットを敷いていきます。きっちりとしないと後で上塗りを掛ける為重要な作業です。

綺麗にウレタンマットが敷かれました。この後仕上げに移っていきます。

防水工事ってフォーシーズンズさんやるのって思われている方。プールや池を造るときもガレージBOXやヨウヘキを造るときも必要な場合しなければならない作業ですので、お客様宅に訪問した場合、防水が痛んでいる場合は、私はいつもオススメしています。10年を過ぎると、表面にひび割れなどがはいったりしていつの間にか水が回ってきたりしますので、新築の方でも10年過ぎてくると要注意です。しっかりとメンテナンスしていきましょう。

今日はココまでです。

 

師走も残すところ3日となりました。今日の神戸エリアは朝から雪が降っています。神戸エリアにも本格的な冬が来ましたね。フォーシーズンズ夙川店中田です。一年間当方HPを見てくださってありがとうございました。今年も無事一年を終えることができました。これもフォーシーズンズを支えていただいています、地域の皆様、ビジネスパートナー様のおかげです。本当にありがとうございます。

今年は、久々に力を入れてコンテストに応募した結果、LIXILさんのエクステリアコンテストとリフォームコンテストで入選することができました。以前にもこのお庭のことをブログに取り上げましたのでご存知の方もいるでしょう。

フォーシーズンズ夙川店,西宮市,芦屋市,神戸市,宝塚市,箕面市,吹田市,豊中市,川西市,彩都,エクステリア,ガーデニング,カーポート,目隠しフェンス , ウッドデッキ,ガーデンルーム,暖蘭物語,ZIMA,COCOMA,ココマ,コンサバトリー,バーベキュー,駐車場,中庭,レンガ,ディーズガーデン

エクステリアリフォーム部門で 銀賞をいただき、また すべてのリフォーム部門で敢闘賞もいただきました。

本当にお客様があってのお庭造りです。世界にひとつだけのお庭造りを心がけ、来年もまたご依頼していただくお客様に満足していただけるよう努力してまいりますのでどうぞ宜しくお願いします。

 

 

本格的な冬です。

寒い日が続きますね。

暖房器具をつけると窓びっしりの結露ができたり、窓に近づくとひんやりと寒さを感じたり。
冬になるとよくこんなお悩みを耳にします。

今ではご存知の方も多くですが、2重窓をご存知でしょうか。
窓の内側にもう一つ窓をつけます。

省エネ効果はかなり高いのでお部屋が格段に快適になりますよ。

木目の枠にすればナチュラルな雰囲気にもなり、和室にもピッタリです。

また、近隣の騒音が気になる方にもおすすめです!

気になる方はお気軽にお問合せください。

IOT対応の「スマート宅配ポスト」(LIXIL)

「スマートエクステリア」ってご存知でしょうか。

何でもネットと繋がってしまう昨今。外出先から自宅の様々な電子機器の遠隔操作ができます。
屋内の機器類とホームユニットを中継して繋がるホームネットワークシステムは既に導入されているご家庭も多く、その便利さをご存知ではないでしょうか。

さて、 この秋。宅配ポストにもついに対応機種が登場しました!

前回機能についてはお知らせしましたので、今回はデザイン面から見てみましょう。

まず、今回の宅配ポストは機能門柱に組み込まれているところがポイントです!
そして、 上の画像をご覧ください。
注目は玄関ドアや手前のフェンスとのコーディネイトです。

木目調パネルをあわせることで門まわりのトータルコーディネイトが可能です。
今までの宅配ポストはアプローチ空間での異物のような感じがして、
デザインが気に入らないと敬遠される方もいらっしゃいました。

機能門柱に組み込まれて一体型になったので、よりスッキリとスタイリッシュに門周りの演出できます。

アプローチもお庭の一部。
木目調のパネルはグリーンとのも好相性ですよ!

新築外構の際の宅配ポストの導入割合もどんどん増えています。
インターホン・表札・ポストに加えて門周りの標準装備になっていくのではないでしょうか。

ご検討の際はフォーシーズンズへお気軽にお問合せくださいませ!

 

 

 

フォーシーズンズがオープンしてから10年以上。

お陰さまでリピーターのお客様からのお話をたくさん頂戴しています。

今回も10年前に工事をして頂いたお客様からお声がけを頂きました。

別の業者さんで施工されていた外構部分。

そのブロックの一部が大阪北摂であった地震で倒れてしまい、

他の部分含めても少しお洒落にリフォームです。

門扉横のブロックが倒れてなくなってしまっていました・・・。

残ったブロックも撤去して、もう一度、イチから積み直しました。

そして手前のコンクリートむき出し部分に花壇と花台を。

内側部分にも曲線で花壇を繋げて、玄関へ誘導するラインを造りました。

こうして何年も経ってから、また別のことでお声がけ頂ける事は、

長く仕事をやっているからこそ、味わえる喜びです。

ちなみに10年前はこんな工事をさせていただきました。

天然の木でウッドデッキをつくり、その下に石を張りました。

天然の木は腐るでしょ?とよく言われますが、

ハードウッドと呼ばれる丈夫な木材を使用したお陰で、

腐る事もなく、まだまだお使いいただけそうです。

長いお付き合いが出来るお客様、これからもたくさん増えると良いな・・・♪

以上、フォーシーズンズの坂本でしたっ。

10月も終わりに近づきました。本日は街中に行くとハロウィンのイベントがしていましたね。

フォーシーズンズの中田です。

樹脂デッキと人工芝を行ったお客様のお庭が完成しました。

今回は人口土壌としてガレージの上に人口芝張らせていただきました。

最近は天然芝に変わり人工芝のお客様もずいぶんと増えてきましたね。

天然芝と違って手入れが楽なこと、耐久性も昔と比べるとずいぶん高くなりました。

当店も天然芝・人工芝とお客様の要望に合わせて施工を行っています。

天然芝を貼る前にまずはLIXILさんの樹ら楽デッキを張っていきます。少し暖かい日和でしたので樹脂デッキやアルミの柱材が熱をもって暑い中、職人さんたちはテキパキと作業を進めていっています。

 

狭い隙間も少しずつ造っていっています。工業製品もデッキとなれば天然木も加工するもの同じです。

今回は家と車庫が2m近くの開きがあり、3m近くの高さもありましたので、打ち合わせに2週間ほどかかって工法を決定しました。

今回は少し高度な?つけ方で職人さんに対応してもらっています。お客様のお庭もさまざま、状況に合わせて設置をしていきます。

ウッドデッキを張り終わると、次は人工芝です。ガレージの上には2層の防水シートを敷き、今回はその上に人工芝を貼っていきます。

今回はボンドでシートが融解しても困るので両面テープで接着していきます。最近の業務用両面テープは非常に強力ですね。

人工芝は一ロールずつ敷き詰めていきます。簡単そうには思える作業ですが、人工芝の一反一反まっすぐにカッティングされていないため、端部を調整しながら張っていきます。

仕上がりの様子です。人工芝が綺麗に敷き詰められました。小さなお子さんがいますので、気持ちよく遊べる環境になりました。人工芝、ウッドデッキと工業製品が増えていますが、ノーメンテという点では非常によい商品だと思いますので、お考えになられている方はお気軽にご相談くださいませ。

 

先ごろの地震でご自宅やご近所の塀について不安にお思いの方に・・
こんな商品はいかがでしょうか。

ブロックでもフェンスでもない第3の壁

躯体ベースは軽量なアルミ製
表面を化粧パネルや化粧材を施して仕上げるという新しい塀の形。

軽量の構造体。
地震などによる万一の時でも安全に配慮 安心して高い塀も設置できます。


工期の短縮にもなります。


仕上げの種類もたくさんあるので、オリジナリティあふれる塀になります。

そろそろブロック塀のリフォームをお考えの際は
プランの一つとしてご検討なさってはいかがでしょうか。

こんにちわ。フォーシーズンズの坂本です。

今週は春のような暖かさ。

一転、来週から2月の半ばまでは平年より寒い日が続くそうです。

2月半ばって・・・長いな^^;

今日のお庭は西宮市で工事をさせていただいたお客様。

プランターを置く台が古くなってきたので、思い切ってリガーデンを、

との事でした。

デザインやイメージはお任せでっ。・・・難しいっ笑

このような時はまず、何か一つ、デザインのとっかかりを考えます。

ナチュラルな庭にするのか、モダンな庭にするのか等の雰囲気から始める。

この素材をこのお庭に使いたい!を先に決めてしまう。

今回は、可愛くなりすぎず落ち着いた色味を使って、

というテーマを始めに決めました。

床の乱形石張りとレンガはブラウン系でまとめて。

どちらも色ムラがありますが、素材感が違うので、いい感じに違いが出ますね。

花壇と床のラインに使っている白いレンガは、

あえて色ムラの少ないものにしてアクセントを。

石材が雨に塗れた時の表情は、また違った素材感が出て、尚、美しい・・・。

12Vの低電圧ガーデンライトもカチッと簡単に設置。雰囲気、出ますね。

お庭を掘り返したら出てきた、キノコの置物を照らしてみました笑

工事中~完成後、ちょっとコワモテな(でもすごく優しい)お客様の、

「いやぁ~っすごいなぁ~っ見違えるなぁ~っ」というお声は忘れられません。

イメージが沸かない、どんなデザインが良いかわからない・・・。

そんな方も、お任せください。

たくさんのデザインの引き出しから、素敵なお庭をご提案させていただきます♪