HOME > スタッフの施工事例ブログ

Site Map | 個人情報の取扱い

11月に入り気温の温暖さがすごくありますね。着る服にも色々と悩まされる毎日です。フォーシーズンズ夙川店 中田です。先日神戸市灘区のY様邸のブロック塀の改修工事が終わりました。

このブロック塀

元々旦那様は実家に住んでおらず、こちらに帰郷した際にブロック塀の亀裂などが気になりお問合せをいただきました。

今回はこういった亀裂の入ったブロック塀を改修するということで助成を使うことにしました。

ブロック塀の助成金って何?と思いますが、 平成30年(2018年)6月18日に発生した大阪北部地震により、大阪府内において、ブロック塀の倒壊による被害が生じました。高槻市の小学校のプールサイドに設置したブロック塀が倒壊したのが記憶に新しいですね。

あの事故によって角自治体は補助制度を行うことになりました。各自治体によっては補助額等はバラバラですが、写真のような塀になどは助成対象となりますので、一度 お住まいになられている「○○市 塀 助成 」で検索すると補助内容が出てくるかと思います。神戸市、芦屋市、西宮市、宝塚市、川西市、池田市、豊中市、箕面市、高槻市、吹田市等はあります。解体においての補助なので、塀を新らしくする補助ではありませんのでご注意ください。分からなければ当店にお問合せしていただければと思います。

昔に造った塀なので中の鉄筋が膨らんでぼろぼろになっています。

撤去終了後 解体写真を撮って自治体に提出します。

元々ブロックの基礎部にあった延べ石は残してほしいということで、延べ石の後ろを掘り、そこに地中深く鉄管を打ち込みそれと鉄筋を連結して基礎を設置。下の石もアンカーで連結し地震が来ても動かないようにしました。

手間と費用はかかりますが、安心を得るということで重要なことではないでしょうか?今回はブロック塀ばかりではなく、上部をアルミフェンスにすることで上の重量も軽くなり地震に対しても揺れ幅が減るので有効だと思います。

ブロック塀でお悩みの方、一度ご相談にきてみてはいかかでしょうか?

10月に入っても暑い日がつづきますね。

フォーシーズンズ夙川店中田です。

お店は西宮市にはあるのですが、私自身淡路島の出身の為家族も島にいるので

淡路島の物件が入ったときは私が対応しています。といっても島は淡路市、洲本市、南あわじ市と3市しか

ありませんので充分一人で対応できます。

今回はhpからのお問合せからのご契約でした。土地柄敷地が広い為、ほとんど外構はオープンかセミクローズド程度。車生活がほとんどなので一家に2台は最低車が多い為必然と来客がある場合は敷地に置けるようにしたいため、この案件も7台は最低置ける敷地です。やっぱり、西宮市や芦屋市付近とは土地の大きさが違う・・・。

工事は昨月に終わりましたが真夏日が続いていたので職人さんも作業ダウン。

今回門柱はディーズガーデンさんのディーズポルタというユニット門柱を使いました。

以前も使ったのですが、なかなかつくりがよいので再度ご提案。採用させていただきました。

屋根とあわせ門柱もチャコールに、壁面も外壁と合わせて石積イメージに。

自転車も置けるようにテラスを設けました。玄関横なので少し良い物ということで

lxiilさんのフィリアテラスという商品に。中々私の中では中庭も使えて万能なテラスです。

今回の新築外構はお店からは遠いですが、私からは近い現場でした。

淡路島で、新築・お庭など考えられている方、別荘などのメンテナンスをお考えになっている方はお気軽にお問合せください。

 

彼岸花がいろんなところで開花して秋の訪れをつげていますね。

フォーシーズンズ夙川店中田です。

今回はスロープ工事を行いました。

もともとは階段があり、90歳の老母も在宅でいたので、スロープ化をご提案しました。

元々貸し駐車場もやっていたことで、現階段を取り壊し、一番端っこの駐車スペースから

スロープをとることにしました。

昔からの家があるということで樹木もいっぱい植わっており、地面を掘ると石垣など発生。

結構大変な工事でした。

勾配等は何度もCAD図を引きなおして、車椅子で進んでもあまり苦にならない程度の勾配に設定。

あまり坂らしくないようにしました。

門廻りも車椅子、自転車が入れるようにスロープに。

元々あった階段も撤去して階段の前も貸し駐車場にしました。

高齢化が進むなかでのスロープ工事。フォーシーズンズはお庭造りももちろん得意ですが、

こういった実用的なリフォームガーデンもしばしば行っています。

色目が無いですが、住みやすさ、使いやすさ重視のお庭づくり。

こういったお悩みがある方はお気軽にご相談くださいませ。

 

8月に入り猛暑日和が続きますね。汗かきの私には毎日のシャツの交換が多い季節になりました。

フォーシーズンズ夙川店 中田です。

7月に入ると日除けのご相談が毎年増えてきます。

日除け(オーニング)はお客様のキャンバスの色、機能等で商品が変わるので、取付箇所毎の

仕様を工場にオーダーするので10-14日製作日数がかかります。

今回は7月にオーダーをいただきました神戸市西区、神戸市須磨区、神戸市垂水区のお客様の

日除けを取り付けました。

タイプは様々で、おもにヨシズやスダレの変わりにオシャレに日除けする目的で取り付けます。

一部ファッションの要素も取り入れるということですね。

上の写真は天井からつるすタイプ。シェードと目隠しも両立できます。

これはシャッター前に取り付け、ウッドデッキについている手すりにつけるタイプをつけました。

手すりにつけているのが分かると思います。

最後に標準的なオーニング。オーソドックスですが、機能性は充分です。

色んなタイプの日除けはありますが、お庭にあったものをご提案しますのでまずはご連絡いただければと思います。

この日は3件まとめて取り付けましたが、日差しが強くてバテバテでした。

 

6月に入り 関西は梅雨が来たような天気になってきましたね。

フォーシーズンズ夙川店中田です。ブログも久々で申し訳ございません。前のつづきから。

新築外構の門廻りを行っていましてちょうどLIXILさんの+Gを取り付けを行っています。

その後壁面を造作し透かしブリックを使って塀を造っていきます。

いぶし銀のブリックを井桁に積んでいきます。当然鉄棒を入れて補強。

自身のときでも安心です。

壁面の大判タイルも貼り終わり、正面のボーダータイルを貼っていきます。

時間が無かったので、扉を夜に取り付け同時に屋根の照明チェック。

中々門廻りも途中ですが、ゴージャスになりました。やっぱり照明は良いですね。

大型門扉も特注なのですが、シルバーの色が光にあたるとなんともいえないですね。

そしていきなり完成。

写真はあまりお見せすることが出来ませんが、全体像はこんな感じに仕上がりました。

今回はモダンな門廻りでしたが、当店では お客様のご要望でさまざまなデザインをいたしますのでお気軽にお問合せ下さいませ。

芦屋市のO様邸の新築外構工事が素敵に出来上がりました。

お住まいの外観に合わせた、お住まいを引き立たせるような、

エクステリアになったと思うのですが、いかがでしょう・・・?

ん~素敵っ!

門柱に使われているレンガは、とってもラフな形のレンガ。

そこに化粧目地と呼ばれる材料を、あえてラフに使って雰囲気を出しています。

灯りもアンティークな雰囲気のものをチョイス。

こちらのスポットライトは表札を照らす門灯代わりです。

この植栽のまわりの石材。

実は排水枡のフタがたくさんあるんです。

排水枡・・・ご自宅の庭のどこかに必ずある、白いフタです。

あれってデザイン的にはすっごく邪魔っ。

てことで、砂利や石で隠しちゃいました。

↓ここにも、大きな枡はゴロゴロと・・・。。

あえて大きな石材を転がすことで、デザイン的には立体感が出て、

植栽スペースが小さくなるお陰で管理は楽に。

目立たせたくない白い枡も隠せて、一石二鳥・・・いや三鳥?

お客様にはもちろん、建物を建てたハウスメーカーさんにも喜んで頂けました♪

家の顔となる外構部分、本当に大切ですね。

以上、フォーシーズンズの坂本でした!

 

リビングから見える小さなお庭。

小さいがゆえに何も出来ないんじゃないか・・・と、

これまで土のままで置かれていたお庭を、

やっぱりどうにかしたいっとご相談頂きました。

レンガと景石を組合わせて、見た目に楽しいスペースにリガーデン。

土を隠すだけの舗装材だけだと、どうしても平面的になってしまいがち。

樹脂木の柱に飾り棚を取り付けて、アクセントに。

レンガの間に埋め込んだ石のゴツゴツ感も、立体感が出ていい感じですね。

こうした工事させていただいていつも思うのは、

舗装材を敷くことによって、土だけのお庭よりもスペースが広く見えること。

レンガや石、植物によって奥行き間が出て、広がりが生まれるんだと思います。

土のままのお庭だけだと勿体無いっ。

見て楽しめるお庭、ご提案させて頂きます♪

以上、フォーシーズンズの坂本でしたっ。

夙川は昨日から桜が満開です。気温も20度を越え春が来たことを体感する一日でしたね。

フォーシーズンズ夙川店中田です。

夏ごろ人口芝のお話をした個人邸ですが、表面の仕上げのお話をします。いつもお世話になっています人からのご紹介で今回外構をすることになりました。

まず、車庫には間口が7mもあることもあり文化シャッターの御前様と呼ばれるシャッターを採用しました。本当は大きなパネルのものを取り付けたかったのですが、設計上の問題で通常タイプのものを選びました。

RC壁で造られたところにはタイルサイズで400×800サイズのものを張ることになっていたので、墨出しと呼ばれる作業をしてから足場を設置。

大きなタイルを一面に貼っていきます。最近のタイルはプリント技術が進んで10年前とは表情がより天然石に近いものととなっています。

時間はかかりますが、タイルも細かく一つ一つ切っていきます。

玄関側には+Gと呼ばれる屋根材を設置

アルミ材なので組立を行っていきます。

玄関廻りは顔なので、設計上はいつも悩みますが、今回はモダンな感じなのでスッキリと仕上げていくようにしています。つづきはまた。

 

先日よりお伝えしておりました、

西宮市での駐車場上のお庭、完成しましたっ!

ヴィンテージレンガのアンティークな色合いと、

元々あったフェンスやブロックの色合いがピッタリ!

手前部分にタイルを張り、きちんと勾配をとって、水が溜まらないように。

このタイル、実は工事中に白系の色からオレンジ系の色に変更しました。

出来上がっていくにつれて、こっちの方が合う気がする・・・とお客様にご相談。

この色にして良かった~っと仰って頂けましたっ。

バーベキュー炉にはステンレスのパイプを固定。

どんな大きさの網でも置けるように、大きめに配置しました。

横のレンガ積みは、プランター等を飾る花台兼、ベンチです。

レンガの小道の周りには、グランドカバーを植えつけ。

暖かくなったら、緑で覆われてくれると良いなぁ。

この右上の松の木、実は駐車場の下から生えているんです。

駐車場を造る際、この植木だけは残しておかれたんですって。

上手く収まってますよねぇ。

ジメっとしていた駐車場上のスペースが、水はけも良くなり、

見て・使って・楽しめるお庭になりました♪

お庭でのお困りごとがございましたら、お気軽にご相談くださいね。

フォーシーズンズの坂本でしたっ。

 

暖かくなって、花粉、飛んでますね~。

いえ、私はさほど花粉症はありませんが、

フォーシーズンズの店長が・・・辛そうです^^;

さて。先日お伝えしました西宮市で工事中の、駐車場上のお庭。

引きで見るとこんな感じになっています。

スペースを手前と奥側に分けて・・・。

見切りに使ったレンガも、もちろんヴィンテージレンガ。

完成に近づいてきました。ずいぶん雰囲気が変わるでしょう?

ベンチ兼花台に、と造ったバーベキューコンロの奥のレンガ積みに

笠石が乗っているのが、お分かりいただけますか?

もうすぐお庭全体が完成します。またお伝えしますね。

以上、フォーシーズンズの坂本でしたっ。

ブログ内検索