HOME > スタッフの施工事例ブログ

Site Map | 個人情報の取扱い

ご新築を計画されて早い段階でご来店いただいたお客様。

お住まいの雰囲気に合わせた柔らかいイメージで、

曲線を生かしたプランをご提案させて頂きました。

クローズ外構には欠かせないオーバードアのような無機質な素材も、

木目調のものを使用することで、全体の統一感を出す事ができます。

左側の門袖に取り付けてあるのは、今の外構の必須アイテム、宅配ポスト。

このように壁の中に埋め込むものから、独立して建てるものまで、

機能性やデザインも兼ねたものがたくさん増えてきました。

門扉の中にはシンボルツリー。それを取り囲むように敷かれたレンガは、

アプローチのラインを型取り、家の中への導線を造っています。

家を建てる時、とっても大事な外構やエクステリア。

でも、内装のお打ち合わせでいっぱいいっぱいになってしまい、

外構部分はツイ後回しになってしまうお客様がたくさんおられます。

建物のデザイン性を引き立てるのも、殺してしまうのも、外構やエクステリア。

そして、駐車場やアプローチ、目隠し等の機能性を考える事で、

新しい生活が快適になるか、不便になるかを決めるのも、外構やエクステリア。

是非、ご新築の際は、早い段階で私たちプロにご相談いただければと思います!

以上、フォーシーズンズの坂本でしたっ。

新年あけましておめでとうございます。
年末年始の休暇をいただいてましたフォーシーズンズ夙川店中田です。
本日からお店で新春セールを行っています。~1/14までの9日間お年玉セールとして色々な商品がお年玉価格として奉仕していますので、お近くの方は十日戎もあることですのでお気軽にお越しくださいませ。

さて、年末の工事のお話。以前マンション専用庭の工事をさせていただきましたお客様I様から一戸建てに引っ越されるという連絡があり、その際に自転車置き場のご相談を受けました。現地に行ってみると敷地も広いのですが、自転車が5台あって雨ざらしになっていました。以前はマンションに住んでいたので室内駐輪場でしたので濡れることも無く気にしなかったようですが、屋根がないことでせっかく買った自転車も濡れるため屋根をつけることにしました。

商品は自転車専用ルーフでなく壁に取り付けて柱があるいわゆるルーフ屋根をつけることになりました。

いつもの職人さんに取り付けてもらいます。手際が良いため、普通の職人さんよりはスピーディかつ正確に組み立てていきます。土地が変形しているため今回は幅を詰める加工が必要でした。

加工をしながら組み立てていきます。

今回は室外機もあるため、自転車が縦列にかつ並べることができまたその横を押しながら通れる位の絶妙な幅の広さです。

とりあえずテラスは完成しました。この後土間コンクリートを造っていくことになっています。

自転車置場も色んなものがありますが、そのご家庭に合わせてつけることで快適な生活を過ごせることでしょう。

本年も色んなご提案をしていきますので、今年もフォーシーズンズを宜しくお願いします。

 

 

師走も残すところ3日となりました。今日の神戸エリアは朝から雪が降っています。神戸エリアにも本格的な冬が来ましたね。フォーシーズンズ夙川店中田です。一年間当方HPを見てくださってありがとうございました。今年も無事一年を終えることができました。これもフォーシーズンズを支えていただいています、地域の皆様、ビジネスパートナー様のおかげです。本当にありがとうございます。

今年は、久々に力を入れてコンテストに応募した結果、LIXILさんのエクステリアコンテストとリフォームコンテストで入選することができました。以前にもこのお庭のことをブログに取り上げましたのでご存知の方もいるでしょう。

フォーシーズンズ夙川店,西宮市,芦屋市,神戸市,宝塚市,箕面市,吹田市,豊中市,川西市,彩都,エクステリア,ガーデニング,カーポート,目隠しフェンス , ウッドデッキ,ガーデンルーム,暖蘭物語,ZIMA,COCOMA,ココマ,コンサバトリー,バーベキュー,駐車場,中庭,レンガ,ディーズガーデン

エクステリアリフォーム部門で 銀賞をいただき、また すべてのリフォーム部門で敢闘賞もいただきました。

本当にお客様があってのお庭造りです。世界にひとつだけのお庭造りを心がけ、来年もまたご依頼していただくお客様に満足していただけるよう努力してまいりますのでどうぞ宜しくお願いします。

 

 

今日はクリスマスイブ。

みなさま、どんな夜をお過ごしですか?

きっと私の更新は今年最後になりそうですので、

少し早いですが年末のご挨拶です。

今年は関西圏で色々な災害の多い一年でした。

フォーシーズンズでも、

植木が倒れた、屋根が飛んだ、フェンスが倒れた・・・

リピーターのお客様以外にも、たくさんのご連絡を頂き、

出来る限りのことはさせて頂きましたが、

今年中に修理が出来なかったお客様もいらっしゃいます。

そんな中、暖かいお言葉をお客様から頂戴し、

大変ながらも、とても嬉しい一年でした。

新年も、少しでもたくさんのお客様のお役に立てるよう、

頑張ってまいります。

そして何より、素敵なお庭造りのお手伝いが出来るよう、

頑張りたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

お客様のお宅で見つけた、

ヴィンテージレンガの隙間から咲いたビオラちゃん♪

可愛いでしょ?

こんな状況でも花を咲かせてるお花に負けないように、私たちも頑張りますっ。

そして!新年は1月5日より、新春イベントを開催いたしますっ!

詳しくは後日、HPにてご案内させて頂きますので、

チェックしてみてくださいね。※どなた様でもご来店いただけます。

では、新年もどうぞよろしくお願い致します!

フォーシーズンズの坂本でしたっ。

師走にはいっても気温が中々下がらないですね。

フォーシーズンズ夙川店の中田です。

ちょっと前に施工したガーデンルームのお話。私はお店の中で一番サンルームを取付を依頼されることがおおいのですが、今回は玄関横の洗濯物干しをかっこよくしてガーデンルームの中に干したいのと、空間をまた使えるようにしたいということで工事の依頼がありました。

良くある風景ですが、右には車庫の壁、壁には電気のメーター、左は瓦屋根とかなり形状が複雑です。私にとっては難度D位になりますね。(最高はE位)結果として今回は15mmのクリアランス誤差で取り付けることになるのですが。

まず、屋根を解体していきます。解体はお手の物。気持ちよく壊していく職人さん。

取り壊した後の形、家の隅っこは複雑なので結線等のやり換えを行います。

外してみると屋根上からも雨水の樋が。

今回はLIXILさんのガーデンラウンジココマという商品。おなじみの商品ですね。

でも取り付けは入隅仕様ということで片側のみ引戸になります。

ガーデンルームの基礎部分にブロックを積みアルミフレームを組んでいきます。

もう大分すすんでいますが、腰壁にはタイルが貼っています。何が難度なのと見ている方にはとっても分からないと思いますが、同じような現場でしたら10社言ったら引き受けるのはうちともう1社あるかどうかくらいではないでしょうか?これは当店今まで取り付けた数も多いため、加工や汎用性などを考えての取付方法。前回の暖蘭物語も普通は取り付けれないですが取り付けます。これはたまにしか、販売しない業者さんには無理だと思いますし、施工の保証書も発行できないと思います。

組みあがった様子です。玄関の横にありますが、少しスタイリッシュさもありますが、派手でもなくみてるとなじんできました。

今回は玄関横ということでプライバシーフィルムをはります。パネルがスリガラス調になるので

なかの洗濯物を直視されることもありません。

上部に換気窓をつけているのですが、これはオススメアイテム。めったにつけているのみかけないのですが、私は必ずお客様にオススメをします。

サンルームの室内は上部が暑い空気が溜まるため、この換気窓があることで 夏場の暑さがかなり軽減されます。その横のクリアランスが・・・Eかなぁ。

今回は洗濯物干しスペースがメインということでしたので、このココマという品物は家と一体化するような感じでしあがりましたが、お客様は雨の日も冬でも干せるので非常に満足されています。

 

 

グッと気温が低くなってきました。風邪など引かれていませんか?

私は・・・風邪、引きました笑 皆様もお気をつけくださいね。

さて。お庭でよく使われる割れ石のような「乱形の石張り舗装」。

よく工事中にお客様から

「出来上がったパーツを組み合わせていくんじゃないんですねっ」と言われます。

そう、この舗装はバラバラの大きさの石材を職人さんが

一つずつ形を合わせて、張り合わせていくんです。

1、まずはそこに合いそうな形の石を選んで、邪魔な場所にラインを引いて・・・

2、ハンマーで叩いて形を作ります!(分かりにくいですが^^;)

サンダーと呼ばれるカッターなんかで切ってしまえば早いのですが、

端部が直線になってしまうので、石材の良さが出ないんですよねぇ・・・。

3、据え直して確認。ここでイマイチであれば、もう一度1~3を繰り返します。

4、OKであればトントントンと叩いて高さを合わせます。

水勾配が全体にきちんと取れているか、

まっすぐな棒を当ててトントントン・・。この音、大好きなんです。。

5、この作業を繰り返して、最後に石と石の間の目地を入れて、完成ですっ!

すっごく手間がかかっているでしょう?

この作業、やっぱり職人さんによってセンスの良い人、悪い人が分かれます。

石専門の職人さんはやっぱり作業も早いし、お上手。

とっても根気のいる作業・・・私には向いていないな笑

こうして手間暇をかけるので、石張り舗装は費用も高くなってしまいます。

ですが、出来上がったものを見ると、やっぱり素敵な仕上がりに・・・。

是非、みなさんのお庭の一つの要素として、取り入れてみてください♪

フォーシーズンズの坂本でしたっ。

 

 

11月も半ばを過ぎ気温も下がりつつもまだまだ暖かい日差しがつづきますね。

フォーシーズンズ夙川店 中田です。前回のウッドデッキのお話の続きです。

ウッドデッキの床が完成まじかになり、手すりと階段を造っていきます。

ひとつづつ組んでいくため、中々手数としては多いですが、一つ一つ仕上がっていくとウッドデッキの柔らかな表情が伝わってきます。

今回の手すりは、既設で元々あった手すりの高さで少しだけデザインを変えました。

床面から30cm位のところにボーダーに板材を張り、物が落ちないようにしました。

上の部分はクロスにしています。

こんな感じでひとつづつ組上げていっています。

ウッドデッキは今回は無垢材ですので加工がまだできますが、樹脂デッキの場合は既製品の部分の限られたか広範囲なのでこのようにはいけません。

材料の長所をいかして今回はハードウッドのイペ材を使用しました。夏の照り返し、暑さなどは樹脂デッキと比べて半減するので快適に過ごせると思います。わんちゃんや猫ちゃんにも快適なデッキとして活用していただけると思います。

フォーシーズンズ夙川店,西宮市,芦屋市,神戸市,宝塚市,箕面市,吹田市,豊中市,川西市,彩都,エクステリア,ガーデニング,カーポート,目隠しフェンス ,  ウッドデッキ,ガーデンルーム,暖蘭物語,ZIMA,COCOMA,ココマ,コンサバトリー,バーベキュー,駐車場,中庭,レンガ,ディーズガーデン

11月に入り店の近くの六甲山は少しずつ色づき始めましたね。

今回は少し前にウッドデッキの張替え工事を行いました。

フォーシーズンズ夙川店,西宮市,芦屋市,神戸市,宝塚市,箕面市,吹田市,豊中市,川西市,彩都,エクステリア,ガーデニング,カーポート,目隠しフェンス ,  ウッドデッキ,ガーデンルーム,暖蘭物語,ZIMA,COCOMA,ココマ,コンサバトリー,バーベキュー,駐車場,中庭,レンガ,ディーズガーデン

15年前にウッドデッキを造られたということでその当時主流でした針葉樹のレッドシダーが朽ちてしまい、張替えのご要望が年々増えています。毎年塗装をされていても15年過ぎるといたるところが傷んでしまっています。

フォーシーズンズ夙川店,西宮市,芦屋市,神戸市,宝塚市,箕面市,吹田市,豊中市,川西市,彩都,エクステリア,ガーデニング,カーポート,目隠しフェンス ,  ウッドデッキ,ガーデンルーム,暖蘭物語,ZIMA,COCOMA,ココマ,コンサバトリー,バーベキュー,駐車場,中庭,レンガ,ディーズガーデン

今回はウッドデッキの張替えということで工事を依頼されました。ちょうど高台の傾斜地にあるので大阪などの眺望はすごくいいです。そのため、フレームは鉄骨でしたのでこれからさび止めを行います。土台がしっかりしていれば張り替える費用も抑えれます。

フォーシーズンズ夙川店,西宮市,芦屋市,神戸市,宝塚市,箕面市,吹田市,豊中市,川西市,彩都,エクステリア,ガーデニング,カーポート,目隠しフェンス ,  ウッドデッキ,ガーデンルーム,暖蘭物語,ZIMA,COCOMA,ココマ,コンサバトリー,バーベキュー,駐車場,中庭,レンガ,ディーズガーデン

今回は広葉樹のイペ材を使って張りなおします。イペ材はブラジルの国花であり(日本はさくら)、サッカーのジャージにつけられていますね。この樹木はハードウッドと呼ばれ海外では数十年も使われています。日本では90年代ころから輸入が多くなり公共の場などで多く使われるようになりました。温暖湿潤気候の日本ではどれだけもつか分かりませんが、少なくてもフォーシーズンズの店のデッキは15年を過ぎてもどうにもなっていません。

非常に硬い木ではありますが、耐久性もありますので非常に人気の樹木であり、最近は価格も以前と比べて高価になりもう少しやすい木材も使うことがふえました。しかしながら、木の表面が白くなった時にはなんとも言えない表情がイペにはあるかとおもいますのでお勧めの木です。

先日は樹脂デッキのお話もしましたが、天然木と樹脂デッキの違いとメリット・デメリットもそれぞれありますのでお気軽にお問合せいただければと思います。

 

10月も終わりに近づきました。本日は街中に行くとハロウィンのイベントがしていましたね。

フォーシーズンズの中田です。

樹脂デッキと人工芝を行ったお客様のお庭が完成しました。

今回は人口土壌としてガレージの上に人口芝張らせていただきました。

最近は天然芝に変わり人工芝のお客様もずいぶんと増えてきましたね。

天然芝と違って手入れが楽なこと、耐久性も昔と比べるとずいぶん高くなりました。

当店も天然芝・人工芝とお客様の要望に合わせて施工を行っています。

天然芝を貼る前にまずはLIXILさんの樹ら楽デッキを張っていきます。少し暖かい日和でしたので樹脂デッキやアルミの柱材が熱をもって暑い中、職人さんたちはテキパキと作業を進めていっています。

 

狭い隙間も少しずつ造っていっています。工業製品もデッキとなれば天然木も加工するもの同じです。

今回は家と車庫が2m近くの開きがあり、3m近くの高さもありましたので、打ち合わせに2週間ほどかかって工法を決定しました。

今回は少し高度な?つけ方で職人さんに対応してもらっています。お客様のお庭もさまざま、状況に合わせて設置をしていきます。

ウッドデッキを張り終わると、次は人工芝です。ガレージの上には2層の防水シートを敷き、今回はその上に人工芝を貼っていきます。

今回はボンドでシートが融解しても困るので両面テープで接着していきます。最近の業務用両面テープは非常に強力ですね。

人工芝は一ロールずつ敷き詰めていきます。簡単そうには思える作業ですが、人工芝の一反一反まっすぐにカッティングされていないため、端部を調整しながら張っていきます。

仕上がりの様子です。人工芝が綺麗に敷き詰められました。小さなお子さんがいますので、気持ちよく遊べる環境になりました。人工芝、ウッドデッキと工業製品が増えていますが、ノーメンテという点では非常によい商品だと思いますので、お考えになられている方はお気軽にご相談くださいませ。

 

もう何年前だったでしょうか・・・

道路際の植栽部分に花壇を造って欲しいとご依頼のあったお客様。

花壇の形状はご提案させて頂きましたが、色あわせに関しては、

私の発想等では思いつかないようなデザインを仰ってくださり、

私自身もとても勉強になった現場なのですが。

こちらのお客様が今度は中庭の雑草対策に、

舗装をお願いしたいとご連絡がありました。

↑こちらが現状の雑草(芝生・・・?)のが茂ってしまったお庭。

↓こちらが今回ご提案させて頂いたお庭。

スッキリ!そして色んな素材を組み合わせている事で、

単調にならず、動きのあるお庭になりました。

植栽スペースの周りは、あえて花壇は設けず、

大き目の石ころを並べてラフな感じ、そして立体感を出しています。

こうやって何年も経ってからご依頼いただけることは、

長くこの仕事に携わる上で一つの楽しみ・・・喜びです。

「お引渡しがスタートライン」

フォーシーズンズのお庭造りのコンセプトは、こうして広がっていきます・・・♪

以上、フォーシーズンズの坂本でしたっ。

ブログ内検索