HOME > スタッフの施工事例ブログ > 神戸・阪神・北摂エリアのお客様 コロナでお庭のご相談

Site Map | 個人情報の取扱い

6月も半ば、梅雨の真っ只中毎日が雨が降ったり止んだりしていますね。

西宮市で エクステリア & ガーデニングの専門店をしております フォーシーズンズ夙川店 中田です。4月~5月下旬まで緊急事態宣言の中、皆さま方はご自宅に引きこもりその時間で今まで見えていなかったお家のことお庭のことを行っていたと思います。

当店でも、来店こそ予約制としておこなっていましたが、お電話でのお問合せ、メールでのお問合せ、ご相談が数多く寄せられました。今回は植物のお話でなくエクステアのお話をします。

まず、多かったのは 駐車場のコンクリート土間の部分と砂利もしくは芝生となっており舗装に変更したいお客様。

上の写真はコンクリートブリックを使って舗装をしています。工事後はメンテナンスフリーとなるのと

砂利や芝生など比べて掃除や管理が非常に楽になるのが特徴です。

素材を天然石やレンガなどに変えてデザインするのもよいかと思います。

また多いのは先日ブログに取り上げたウッドデッキのやり替えと天然芝から人口芝への張替えもこの時期多いです。

ウッドデッキは15年~の変更あたりが多いです。その際に 樹脂デッキもしくはタイルテラスやサンルームなどに変更されるお客様もいます。

当店 設置はサンルームが多いですが、コストと実用性の両立でLIXILさんのココマという2面囲いのテラス屋根が比較的多く設置されています。

 

外からみても腰壁が上の写真は石張りなので金物!!って感じにはなっていません。

内側からみると部屋のようになるのが人気です。上の写真は強化ガラスのクリアですが、すりガラスとなると目隠しとしてプライベート空間ができますので人気の要因の一つです。

このようにすりガラスにしてしまうと、パネルの正面にお隣さんの勝手口があるのですが目線は全くなくなります。

掃き出しの窓の前にテラスがあり目隠し、日よけとして外の部屋ができます。

もっと開放的なのは樹脂デッキに後付けでテラス屋根を設置したのですが、屋根の下にある日よけで掃き出し窓がしっかりと日除けされています。

樹脂デッキも暑くなるため、外部用のロールスクリーンもだんだんとお問合せが増えています。

昨年もよく取付させていただきました。

緊急事態宣言 解除後はお問合せ来店等も増えていますので日よけ等を考えられてるお客様はそろそろ考えてみてはいかがでしょうか?

 

ブログ内検索