HOME > スタッフの施工事例ブログ > 神戸市 個人邸の外構工事その1

Site Map | 個人情報の取扱い

夙川は昨日から桜が満開です。気温も20度を越え春が来たことを体感する一日でしたね。

フォーシーズンズ夙川店中田です。

夏ごろ人口芝のお話をした個人邸ですが、表面の仕上げのお話をします。いつもお世話になっています人からのご紹介で今回外構をすることになりました。

まず、車庫には間口が7mもあることもあり文化シャッターの御前様と呼ばれるシャッターを採用しました。本当は大きなパネルのものを取り付けたかったのですが、設計上の問題で通常タイプのものを選びました。

RC壁で造られたところにはタイルサイズで400×800サイズのものを張ることになっていたので、墨出しと呼ばれる作業をしてから足場を設置。

大きなタイルを一面に貼っていきます。最近のタイルはプリント技術が進んで10年前とは表情がより天然石に近いものととなっています。

時間はかかりますが、タイルも細かく一つ一つ切っていきます。

玄関側には+Gと呼ばれる屋根材を設置

アルミ材なので組立を行っていきます。

玄関廻りは顔なので、設計上はいつも悩みますが、今回はモダンな感じなのでスッキリと仕上げていくようにしています。つづきはまた。

 

ブログ内検索