HOME > スタッフの施工事例ブログ > 神戸市西区 O様邸 ガーデンルーム取付が完成しました。

Site Map | 個人情報の取扱い

師走にはいっても気温が中々下がらないですね。

フォーシーズンズ夙川店の中田です。

ちょっと前に施工したガーデンルームのお話。私はお店の中で一番サンルームを取付を依頼されることがおおいのですが、今回は玄関横の洗濯物干しをかっこよくしてガーデンルームの中に干したいのと、空間をまた使えるようにしたいということで工事の依頼がありました。

良くある風景ですが、右には車庫の壁、壁には電気のメーター、左は瓦屋根とかなり形状が複雑です。私にとっては難度D位になりますね。(最高はE位)結果として今回は15mmのクリアランス誤差で取り付けることになるのですが。

まず、屋根を解体していきます。解体はお手の物。気持ちよく壊していく職人さん。

取り壊した後の形、家の隅っこは複雑なので結線等のやり換えを行います。

外してみると屋根上からも雨水の樋が。

今回はLIXILさんのガーデンラウンジココマという商品。おなじみの商品ですね。

でも取り付けは入隅仕様ということで片側のみ引戸になります。

ガーデンルームの基礎部分にブロックを積みアルミフレームを組んでいきます。

もう大分すすんでいますが、腰壁にはタイルが貼っています。何が難度なのと見ている方にはとっても分からないと思いますが、同じような現場でしたら10社言ったら引き受けるのはうちともう1社あるかどうかくらいではないでしょうか?これは当店今まで取り付けた数も多いため、加工や汎用性などを考えての取付方法。前回の暖蘭物語も普通は取り付けれないですが取り付けます。これはたまにしか、販売しない業者さんには無理だと思いますし、施工の保証書も発行できないと思います。

組みあがった様子です。玄関の横にありますが、少しスタイリッシュさもありますが、派手でもなくみてるとなじんできました。

今回は玄関横ということでプライバシーフィルムをはります。パネルがスリガラス調になるので

なかの洗濯物を直視されることもありません。

上部に換気窓をつけているのですが、これはオススメアイテム。めったにつけているのみかけないのですが、私は必ずお客様にオススメをします。

サンルームの室内は上部が暑い空気が溜まるため、この換気窓があることで 夏場の暑さがかなり軽減されます。その横のクリアランスが・・・Eかなぁ。

今回は洗濯物干しスペースがメインということでしたので、このココマという品物は家と一体化するような感じでしあがりましたが、お客様は雨の日も冬でも干せるので非常に満足されています。

 

 

ブログ内検索