HOME > スタッフの施工事例ブログ > 神戸市Y様邸のテラスが完成しました

Site Map | 個人情報の取扱い

10月も終わりに近づきました。本日は街中に行くとハロウィンのイベントがしていましたね。

フォーシーズンズの中田です。

樹脂デッキと人工芝を行ったお客様のお庭が完成しました。

今回は人口土壌としてガレージの上に人口芝張らせていただきました。

最近は天然芝に変わり人工芝のお客様もずいぶんと増えてきましたね。

天然芝と違って手入れが楽なこと、耐久性も昔と比べるとずいぶん高くなりました。

当店も天然芝・人工芝とお客様の要望に合わせて施工を行っています。

天然芝を貼る前にまずはLIXILさんの樹ら楽デッキを張っていきます。少し暖かい日和でしたので樹脂デッキやアルミの柱材が熱をもって暑い中、職人さんたちはテキパキと作業を進めていっています。

 

狭い隙間も少しずつ造っていっています。工業製品もデッキとなれば天然木も加工するもの同じです。

今回は家と車庫が2m近くの開きがあり、3m近くの高さもありましたので、打ち合わせに2週間ほどかかって工法を決定しました。

今回は少し高度な?つけ方で職人さんに対応してもらっています。お客様のお庭もさまざま、状況に合わせて設置をしていきます。

ウッドデッキを張り終わると、次は人工芝です。ガレージの上には2層の防水シートを敷き、今回はその上に人工芝を貼っていきます。

今回はボンドでシートが融解しても困るので両面テープで接着していきます。最近の業務用両面テープは非常に強力ですね。

人工芝は一ロールずつ敷き詰めていきます。簡単そうには思える作業ですが、人工芝の一反一反まっすぐにカッティングされていないため、端部を調整しながら張っていきます。

仕上がりの様子です。人工芝が綺麗に敷き詰められました。小さなお子さんがいますので、気持ちよく遊べる環境になりました。人工芝、ウッドデッキと工業製品が増えていますが、ノーメンテという点では非常によい商品だと思いますので、お考えになられている方はお気軽にご相談くださいませ。

 

ブログ内検索