HOME > アーカイブ

Site Map | 個人情報の取扱い

こんにちは。

フォーシーズンズの藤澤です。

 

気付けば、もう9月の半ば、、中秋の名月も過ぎましたね。

今年は、スーパームーンとも重なって、印象的な秋の訪れとなりました。

私も、薄曇りのあいまに、ちらりとのぞきました。

みなさまは、満月みれましたか??

 

さてさて、本日は、お庭のリガーデン工事のつづきをご紹介します!

先日は、芝生をめくって、サークルの下地をつくるところまででしたね。

 

今日は、完成写真のお披露目です。

実は工事は2日間で、完成しております。

柱をたてて、翌日に門扉をつけて、サークルの石貼り、飛び石、、も

息もぴったりの3名の職人さんが力を合わせて、工事をしてくれました。

 

中庭のサークル 

芦屋市_リガーデン4.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LIXIL ラフィーネ門扉芦屋市_リガーデン5.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

芦屋市_リガーデン6.jpg立水栓まわりの砂利敷き 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さな工事もお庭の印象ががらりと変わります。

ちょっと使いやすく、ひと工夫。

お庭で過ごす日々が少しでも楽しくなってもらえたら、うれしいです。

 

 

 

 

早いものでもう9月も2週目ですね~。

朝夕は随分涼しくなりましたがまだ日中は暑く、
毎朝の服装チョスに悩んでます箕面店の島村です。
私はいつも新築外構工事とお庭の工事は切り離して考えることをオススメしています。
外構工事とは、境界フェンスや、駐車スペース、門周りの表札、ポスト、インターホンなど・・・
お引越しして新しい家に住むのに必要な部分の事です。
お庭は住んでからゆっくり考えても遅くはない部分のことです。ウッドデッキや、タイルテラス、テラス屋根やガーデンルーム、
植栽や花壇など・・・
特に周りの家がまだ建っていない状況ですと、植木の位置や、目隠しフェンスの位置や高さなど決めれませんし、
後で後悔することにもなりかねません。
せめて一年、一通り四季を経験して、日の当たり具合や、周囲との関係、お庭の使い方などじっくりお考え頂くことを
オススメしています。
去年の春に新築外構工事をさせて頂きました、箕面市粟生南のY様邸。
裏の家も完成したし、一年じっくり考えたので、
そろそろ新築外構工事の時、真砂土敷きにしていた庭まわりを、リガーデンすることに。
DSCF2896.JPG
使う素材は、新築外構の時と同じ、ヴィンテージレンガや、枕木をつかって
デザイン的つながりを大切にし、
DSCF2901.JPG
妻側には自転車置き場や物置などを置くことに。
DSCF2906.JPG
枕木を立てて、入り口っぽくつくってみました。
DSCF2964.JPG
リビングに面した裏庭は一面広々とした芝生のお庭に。
履きだし窓の前にかわいい縁台を作ることに。
DSCF2955.JPG
こんな感じで完成しました。
DSCF2961.JPG
枕木にチャーンを付けて簡単ゲートに。
DSCF2963.JPG
自転車も入れられる物置です。
自転車3台入ります。
シンプルでカッコイイですよ!!
DSCF2973.JPG
かわいい縁台も完成!!
今年は間に合いませんでしたが、
来年はプールで、楽しく、安全に遊べそうですね!!